肌のたるみ「解消法」

肌のたるみを解消したいのですが? | 女子力UPの予防スキンケア


素肌のたるみについて、気を配っている女子たちは少ないように感じます。
ちなみに、ほうれい線とは頬にできるたるみのことです。

 

「たるみ」や「ほうれい線」なんて、
なんかだかイメージが付かないって、
他人事のように考えているヒトが多いようなのです。

 

しかし、
「シミ」「シワ」「くすみ」などの肌トラブルよりも、
早期に対応することが必要となるのが、「たるみ」を予防することなんです。予防のためのスキンケアが必要になります。

 

「たるみ」は、他の肌トラブルよりも、進行が早いもの。
シミなどよりもタチが悪いのが「たるみ」なのです。
気が付かないうちに進行が進んでいて、
「んっ?」と思ったときには、既にたるんでいるのです。

 

「あれっ、たるんでいる!」と気が付いた時には、
すでに、簡単には元通りのお肌には戻すことが出来ない状態にまで、たるみ具合が進行していることが多いのです。

肌のたるみって、恐ろしいですね。。
たるみ解消法について、一緒に学んでいきませんか?

肌のたるみ予防のスキンケアの始めどきは?

前述のように、「たるみ」は自分でも気付かないうちに、徐々に進行していて、
「あれっ?!」と気が付いたときには、深刻な状況にまで進んでいたりするのです。

そんな「たるみ」にも、これはそろそろ予防対策をしないとヤバいぞ?!という思いに至る、前兆があります。

それは、頬のところに出現する「楕円形」や「涙型」の形をした、毛穴です。
楕円形・涙型の毛穴が目立ち始めたら、たるみが始める兆候です。
真剣にたるみ予防のスキンケアをしなくてはいけません。

顔面の皮膚がたるみ始めたということですから、
「毛穴防止」のスキンケアの他に、
「たるみ防止」のスキンケアを始めなくてはいけないのです。

たるみが出来る場所 | 女子力向上の美肌スキンケア

❶「毛穴」のたるみ

肌の皮脂により「毛穴」が拡張するのですが、
加齢やストレスなどを原因として、肌がたるんでくると、
重力により「毛穴」が下に引っ張られます。

 

すると、「毛穴」が楕円形に形づけられるとともに、
「毛穴」部分のたるみが目立ってくるのです。

➡尚、「毛穴」のスキンケアについては、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
毛穴の「汚れ」「黒ずみ」が気になるときの対処法 | お悩み女子相談「毛穴が黒くなったようにみえる」 「毛穴が大きくなってきたかも」 そんな風にして、 毛穴の黒ずみが気になったり、 毛穴のぶつ...

 

❷頬のたるみ(ほうれい線)

 頬には、骨格が無いために、頬の脂肪が垂れてしまいます。下垂れにより、そのまま「たるみ」が出来てしまうのですね。

この下垂れによるたるみの「境界線」が「ほうれい線」として現れるのですが、
「たるみ」の大きさに比例して、ほうれい線も、深く大きくなります。

 

❸「目の下」のたるみ

実は、一口に「目の下」のたるみと言っても、2種類のたるみがあるのです。
皮膚の凹み

真皮の「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が減少することで、皮膚が凹んでしまうことによるもの。「目の下」の皮膚は非常に薄いのです。皮膚が薄いために、肌の弾力性が低下すると、弾力性の低下が目立ってしまうのですね。

肌の膨らみ

「目の下」の肌が膨らんでしまうことによるもの。『目袋』とも呼ばれます。
加齢と共に、目の周りの筋肉が衰えてしまうと、眼球を支えてくれている靭帯が緩むのですが、靭帯の緩みによって肌内の脂肪が表面に押し出されてしまいます。この脂肪により「目の下」がたるんでしまうのですね。

 

❹「まぶた」のたるみ

年齢を重ねる度に、筋肉が緩んだり、必要な脂肪が減少していくことは仕方ないことですね。
「まぶた」の重みを支えてくれている「上まぶた」の筋肉も緩んでしまい、脂肪も減少していくのですが、次第に「まぶた」も垂れ下がっていきます。

 

このように加齢を原因とするほかに、
「目を擦ってしまう習慣」や
「コンタクトレンズ」の長時間使用によっても、

 

まぶたを支えてくれている筋肉が緩んでしまいます。
日常の行動も、まぶたのたるみに影響を与えるのですね。日常からスキンケアを意識した行動が必要となります。

 

❺「フェイスライン」のたるみ(二重あご)

「フェイスライン」のたるみは、顔全体の筋肉やら、脂肪やらの影響が及ぶことで生じます。
とりわけ現代人は、「やわらかい」食べ物ばかり食べていますね。

 

  • 「硬い食べ物」を食べない食習慣
  • 「猫背」の姿勢
  • 「肥満」になる食習慣も、

すべてがフェイスラインのたるみ(二重あご)の原因となっているのです。
女子力を向上させることと、たるみ(二重あご)のスキンケアは関連しますね。
お肌を下げると、女子力も下がります。要注意です!

❻「首」のたるみ

知っていましたか?
「首」の皮膚は薄いのです。「目の下」の皮膚が薄いことを知っている女性たちも、「首」の皮膚までもが薄いことは案外知らないものです。

「首」の皮膚は薄いために、たるみが生じやすくなります。コラーゲンが減少してしまうと、肌の弾力性が衰えてしまいますし、加齢による筋力も衰えてしまうので、首まわりの皮膚は弛んでしまうのですね。

 

首の皮膚がたるんでしまうことによって、「たるみジワ」までも出現してしまうのです。
見逃し傾向にある「首まわり」のスキンケア。

美肌を維持して、女子力を向上するためには、注意を怠ってはいけないスキンケアの箇所ですよね。

肌のたるみの原因

顔肌のたるみは、肌の弾力性が低下することと、脂肪細胞が肥大化することを要因として生じます。
このうち、
肌の弾力性」が低下する原因としては、
真皮のコラーゲン、エラスチン、ヒエルロン酸が、
年齢と共に、減少してしまうことがあげられます。

 

脂肪細胞」が肥大化してしまう原因としては、
皮下脂肪が増えすぎてしまったり、ターンオーバー(新陳代謝)の機能が衰えてしまうと、脂肪細胞が細胞分裂することが出来なくなることがあげられます。細胞分裂できないために「脂肪細胞」のひとつひとつが肥大化してしまうのです。

 

すると、皮下脂肪が、自分自身の重みに耐えることが出来なくなります。自分の重力に耐えきれなくなると、
重力に負けて「たるみ」となって現れることとなるのです。

 

「肌の弾力性」の低下も、
「脂肪細胞」の肥大化も、
いずれも、加齢を原因とするものではありますが、

ちょっとした工夫や、予防スキンケアを施すことで、これらを食い止めることはできるのです。

 

↓見た目年齢が若返る!顔のたるみ解消法

どうでしょうか?

肌のたるみを解消するために、マッサージやエクササイズ等をすることが大事なこともわかりましたね?

マッサージだけでなく、さらにたるみ解消法を実践していくことが大事ですよ!

「肌の弾力性」低下を防ぐには? | たるみ予防と解消法

① 保湿スキンケア

素肌が乾燥してしまうと、肌の弾力性が低下してしまいます。
乾燥を防止するために、肌を潤わす「保湿」のスキンケアをすることが重要になります。

② エイジングケアの美容液

活性酵素も、真皮の弾力性の機能にダメージを与えてしまいます。
だから、抗酸化力のある成分を配合している、エイジングケアの美容液を使ってスキンケアをすることが大事になります。

③ 紫外線対策 

紫外線のうち「UV-A」は、真皮にダメージを与えます。
紫外線対策=日焼け止めは大事にです。首にもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

④ 生活習慣の見直し

喫煙、ストレス、睡眠不足も、肌の弾力性を損ねます。
生活習慣の見直しをおススメします。

⑤ コラーゲンの生成

コラーゲンの生成原料となる栄養を摂取することが必要です。
「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が不足しないように注意しましょう。

「脂肪細胞」の肥大化防止 | 肌のたるみ、予防と解消法

① 生活習慣の見直し

喫煙、ストレス、睡眠不足、栄養不足があると、新陳代謝(ターンオーバー)を滞らせる原因となります。
生活習慣の見直しをおススメしますよ。定期的に激しくない運動をするといいですね。

② 肥満防止

食べ過ぎには注意してください。いうまでもないことですが、肥満は大敵です。
二重あごの原因にもなりますね。

 

 

肌のたるみを解消法 | 女子力UPの予防スキンケア

皆さん、私は、肌のたるみは乾燥が一番の大敵だと考えています。
肌の保湿には徹底して気を付けるようにしましょうね。

保湿対策をしたくなったら、読んでみて!

肌が乾燥しないように気を付けること。
そのうえで、色々な対策をすることが大事ですね。