シミが取れた!

シミとそばかすを消したい! | 女子力上げたい「美白スキンケア」

24歳会社員
24歳会社員
小・中・高校と陸上部。紫外線を気にせずに真っ黒に日焼けをしてきました。そのツケをいま払っています。絶対何とかするぞ!

学生時代に部活動に熱心だった人はいまシミやそばかすに苦労しているのではないでしょうか?

屋外で紫外線をあび続けた肌はまるで「シミ・そばかす生成工場」

何とかしないといけませんが、忙しいしいちいちエステやクリニックにも通っていられません。

自宅でできるセルフケアのうち「これは良い!」と思ったものをまとめてみました。

シミ・そばかす対策は外側だけでなく内側からのケアも必要です。

私と同じようにシミやそばかすに手こずっている人の参考になれば嬉しいです。

日焼け止めクリーム | シミそばかすを消したい

シミとそばかすの大敵 | 日焼けが絶対ダメな理由

シミとそばかすを防ぐためにはとにかく日焼けをしないことです。

当たり前だと思うかもしれませんが、みんな意外と分かっていないのです。

日焼けがなぜダメか?

それは紫外線から肌を守る私たちの身体のメカニズムにあります。

紫外線が肌にあたると身体は皮膚の奥にある毛細血管が紫外線によって傷つけられないように守ろうとします。

皮膚は表面から「表皮」「真皮」「筋肉」と分かれていますが、私たちの身体に新鮮な栄養と酸素を運んでくれる毛細血管は「真皮」にあります。

紫外線をあびるとこの「真皮」に紫外線が届かないように真皮の手前の「表皮」の部分でメラニン色素が作られます。

黒いメラニン色素の壁を作って紫外線を真皮からブロックしてしまうのです。

紫外線対策は1年中必要

「日焼け止めクリームを塗るなんて当たり前だ」と思うかもしれません。でも、勘違いしていませんか?

・夏だけ日焼け止めクリームを塗っていればいい。
・冬や屋内では紫外線対策不要。

これは間違いです。

紫外線は1年中降り注いでいます。

紫外線が特に強い8月や5月だけでなく1年中対策が必要です。冬も秋もです。

だから日焼け止めは1年中塗る必要があります。

たとえ屋内にいる日でも油断はできません。家では洗濯物を干すのにベランダに出たり、オフィスでもちょっと太陽の光をあびたいなと思って窓に行きたくなることはありませんか?

冬でも秋でも日焼け止めを必ず塗りましょう。メイクをする時の習慣にしておくのが良いかもしれません。

日焼け止めこそ美白ケアをしながら!

紫外線から肌を守るためとはいえ1年中つけないといけない日焼け止め。

肌に優しいのはもちろん、どうせつけるのなら同時に美白やエイジングケアも一緒にしてしまいたいものです。

美白美容液に入っている美白有効成分が入っている日焼け止めもあります。

【美白有効成分】
美白っぽい ではなく
→肌に何らかの有効な働きがあると厚生労働省からちゃんと認められた成分。
 例えばビタミンC誘導体

\美白有効成分配合/
美白しながらVUカットできる日焼け止め

シミそばかすに乾燥は大敵 | フェイスマスクでしっかり保湿

肌が乾燥しているということは角層のバリア機能が弱まっているということです。

バリア機能が弱まって無防備なところに紫外線が当たると、肌はますます黒いメラニン色素を作ってシミそばかすの素を作っていきます。

さらに紫外線が当たることで肌はますます乾燥・砂漠状態に。

こんな悪循環を防ぐためにも日頃から保湿をしっかりすることが大事です。

毎日のことなので簡単にしっかりケアできるものを使いたいですが、化粧水の代わりにシートマスクを使うのがオススメです。

お風呂上がりに

洗顔(お風呂) ⇒ フェイスマスク ⇒ クリーム

と化粧水を省けるので時短にもなります。

毎日のことだから特にコスパは大事ですね!

\公式サイトからの定期購入は10%OFF!/
化粧水代わりに使える【フェイスマスク ルルルン】

サプリメント| 内面からシミそばかすを消しましょ

紫外線をあびるとできてしまうメラニン色素。

このメラニン色素ができないように紫外線をあびないのが1番。そして紫外線をあびても肌のバリア機能が良く働くことも大切です。

しかし紫外線は24時間365日注がれるもの。外側で何とか防御するのにも限界があります。

そこで今や新常識となった内側からのケアが必要です。

昔からシミそばかすにはレモンやビタミンCが良いとよく言われておりサプリメントもありました。

現代ではさらに進んで

・肌内のメラニン量を適切にする機能をもつ成分
・メラニンの生成を抑制したり、過脂化したメラニンを分解する機能をもつ成分
・一般の品種と比較して7~8倍もの抗酸化酵素をもつメロンから抽出された成分

などより実践的・効果的に内側から働きかける成分が入ったサプリメントがあります。

ちなみに昔からなぜビタミンCが良いと言われているかと言うと抗酸化力があるからです。抗酸化酵素は紫外線をあびたことによって体内に発生した活性酸素を取り除いていき、皮膚を守ります。

サプリメントだけではなく飲むタイプも。

ドリンクは疲れを感じたときにこそ飲んで即効性を感じてほしいです。

約90年にわたって美白研究をしてきた「ポーラ」オリジナルのこだわり成分

  • ベイベリーバークS
  • ミクロブランノールEX
  • メロングリソディン
  • YACエキス

\体の内側から美白ケア/

内側から効くサプリメントとドリンクはこちら

これから頑張るセルフケア!シミ・そばかすを消すには

これからシミ・そばかす対策を始める人へ。

自宅でのセルフケア成功の秘訣は2つあります。

セルフケアの秘訣①さぼらないこと

当たり前かもしれませんが毎日コツコツ続けましょう。

紫外線は1年中、シミそばかすケアも1年中です。

美肌は1日にしてならず。

特別な日に備えて・・・とその時だけどんなに肌にいいことをしても、継続しなければ意味がありません。

安心してください。お肌はお手入れをした分だけきれいになります。

セルフケアの秘訣②身体のコンディションを整えること

通常肌は「ターンオーバー」といって、だいたい生理周期と同じ28日くらいで生まれ変わります。

身体のコンディションが悪いと生理周期が乱れるように、身体の状態は肌の新陳代謝に深く影響します。

新陳代謝が悪いとターンオーバーによって本来自然に排出されるべき黒いメラニン色素も体内にとどまったままになってしまいます。

シミそばかすのない肌への生まれ変わりを促進するためにも、お肌だけではなく身体のコンディションも整えていきましょう。

具体的には

生活習慣を整えましょう。

⑴ 1日3食ちゃんと食事をしましょう。

⑵ 規則正しい生活をしましょう。早寝早起きを心がけて。

⑶ できるだけストレスのない生活を。

きちんとした生活は肌を整えるだけでなく、身体を中から整え、さらに肌の状態もアップする、という良い循環をもたらせます。

シミとそばかすを消したい!セルフケアのおすすめアイテムまとめ

美白をしながら紫外線を防ぐ最強の日焼け止め

日焼け止めは美白しながら | ホワイティシモ 薬用UVブロック
シールドホワイトプラス
美白研究に強い老舗のポーラが開発。
オリジナル複合成分「ファンクションC」配合。

【ポーラオリジナル複合成分「ファンクションC」】
☆メラニンの生成をおさえてシミそばかすを防ぐ美白有効成分ビタミンC誘導体配合
☆保湿成分の角層ケア成分配合SPF50+ PA++++

水・汗に強いウォータープルーフタイプ。
専用クレンジング不要。

ウォータープルーフタイプなのに薬用美白美容液(医薬部外品)
高いSPFとPAを保ちながら美白と保湿まで同時にできる!

容量50ml
発売日2018年4月
評価
価格4,104円(税込)
6/30まで送料無料!

\公式サイトなら6/30まで送料無料!/
美白しながらVUカットできる日焼け止め