30代からの小じわ対策 | これだけはやってはいけない!アンチエイジング(^_-)-☆

表情じわほどの深部のシワではわなく、乾燥による小じわなのに、ファンデーションか入り込んで目立ってしまいました。
笑ったあとに、ずっとシワが残ってしまい、とても目立ってしまったのです。

乾燥知らずで、むしろ、オイリー肌だった私が、小じわが出来てしまった時のはなしをしたいと思います!

オイリー肌だった私に、小じわが出来てしまった

Tゾーンにニキビが出来てしまい、思春期には、それはそれは深刻に悩んでいました。ひたすらに、あぶらとり紙を使用したり、頻繁に洗顔をしたりして、皮脂撃退ばかりを心掛けていました。

そんな10代を過ごし、20代前半には、ついにニキビには無縁の美肌を手に入れた!皮脂対策バッチリ!!
そんなオイリー肌だった私に、変化が。20代後半、

いつも使っているパウダーファンデーション、いまいちノリが悪いな、そんな日が続き、試供品でもらったリキッドファンデーションを何となく試してみると。
すごく調子がいい!
ベタつきが大嫌いなのに、しっとりタイプがしっくり来るなんて…。
確かに夕方は、たまにカサカサと粉吹きのようになって、ひどく乾燥していたのです。
笑い上戸な私、大笑いしたあとに、目元や口元に、ファンデーションが入り込み、まさに細かいちりめんのようなシワが、うっすら浮かび上がっていたのです。

小じわを解消するために、とにかく保湿方法

解決するために取った方策は、とにもかくにも保湿です!せっかくニキビのない滑らか肌になったのに、小じわに悩まされるなんて!

いっきに老け込んだ印象になった事が衝撃的で、スキンケアの仕方、メイク用品、全ての化粧品を見直しました。

それまで使っていた、ニキビ用さっぱりサラサラの化粧品から、しっかり潤いをキープできる保湿アイテムに切り替えたのです。

もちろん、お肌の勉強もたくさんしました。

  • 乾燥しないための保湿方法、洗顔後にすぐにたっぷりの化粧水で、潤いを補うこと。
  • そのあと、乳液やクリームといった、油分を補う必要もあること。

普通ならば当たり前ですが、脂=テカり→毛穴の詰まり→ニキビ、だった私の頭。

乳液やクリームは不必要アイテムと思っていたのです。水分プラス、乳液、クリームを使わなければ、蒸発して、化粧水の意味を成していなかったので、きちんと使いました。

そして、雑誌を読んでメイク方法の勉強をしていきました。サラサラ下地にパウダーファンデーション、お粉をたっぷり叩いていたメイク方法をやめて、リキッドタイプやBBクリーム、水分の多いタイプに切り替えました。

シワが出来て苦労した

お肌の知識が豊富ならば、乾燥対策に困らないか?、と言ったらそうではありませんでした。それまでは、ひたすらサラサラ思考だった私が、急にしっとり肌に慣れる訳がありません。

何だか肌がベタつく気がする、髪の毛がベタベタと顔についたり、布団について、眠りにくい。ファンデーションが崩れるのでは?なんて、気掛かりが増えただけのような気分でした。メイクも、気にしていたとおり、Tゾーンは崩れて、テカテカ、お粉をたくさん叩けば、シワに…。どうしたらいいの?と、その点には非常に苦労しました。

これだけはやってはいけない、ちりめんジワ(小じわ)対策

これだけはやってはいけない!と考えているちりめんじわ対策、それは3点あります。

  1. 1点目は、シートパックを貼ったままの放置。ちりめんジワ対策をしようと思ったら、きっと誰しも保湿しますよね。すぐに浮かぶのは、シートパック。しっかりお肌に浸透させたいと、ついつい長めに使用しがちですが、貼れば貼るだけ効果的な訳ではありません!お肌にパックを乗せたまま、長く放置さすると、肌の水分が逆流し、かえって乾燥していまいます。所定の時間を守って、使用してくださいね。
  2. 2点目は、ファンデーションの厚塗り厳禁。パウダー厳禁です。乾燥した細かなシワに入り込んで、乾燥を招き、跡になります。特に皮膚のよく動く目元、口元は薄く伸ばしてくださいね。
  3. 3点目は、私のように乳液やクリームを省くことは、絶対にしてはいけないのは当たり前ですが、熱いお湯で洗顔しないことです!基本的に、洗顔はなぬるま湯で洗うと聞きますよね。40度を超える温度で洗うと必要なあぶらも落としてしまい、乾燥のもとになりますので、体温に近い温度で、優しく洗うようにしてくださいね。

ちりめんジワ対策を、これからしようと考えいてる人、まだ間に合います!!
ちりめんジワは、ファーストエイジングです。最初のエイジングケアは、お肌の乾燥から来るもの。

だから保湿すれば大丈夫。自分のお肌とお好みのスキンケアで、プルプルお肌をゲットしましょう!

小じわに効果的な基礎化粧品

30代になり、アンチエイジングの小じわ対策

最後に、私は30代になり、ついにアンチエイジング対策に踏み出しました。今思えば、ちりめんジワはまだまだかわいいものでした。

小じわに、パテのようにファンデーションを埋め込んだり、ラメを塗って、光で誤魔化そうとしたり、悪戦苦闘しましたが、逆効果でした。

私のような失敗をせずに、シンプルに保湿して、お肌の底上げをして、いつまでも、若々しくいたいものですね。でも、シワを気にしていること事態、美意識が高い証拠!ですよね!

深いシワが出来てしまったときには!

シワに悩んでいる女子たちに!

シワが出来てしまって、どうしようって困っている女子たち (^_-)-☆

早めにシワ予防したいと思っている大人女子たち。

美肌成分を含んでいる化粧品を使ってみたけど、効果を実感できない女子たちに、肌に美肌成分がしみこむ、特別な効果が化粧品をご紹介しますね (⋈◍>◡<◍)。✧♡

■小じわ対策をしたいときには☆(乾燥ジワ、ちりめんジワ)

乾燥肌の原因は、セラミド不足!! ビーグレンの保湿アイテムは、肌から水分が蒸発してしまのを防いでくれます。潤いを肌にキープするために重要となる...

■深いシワが出来てしまったときには☆

眉間や額の「深いシワ」に悩む女性に、おススメの化粧品をご紹介します。 深いシワに悩んでいる女性で、こんな風に思っている方はいませんか? ...

 

関連記事

関連記事がありません。