効果的な「シミ」対策

シミを防ぎたい貴女に、美白化粧品をご紹介します | 女子力UPの美肌スキンケア

見えないところで進行が進み、
気が付かないうちに作られてしまい、
ある日突然、現れるのが「シミ」ですね。

10代20代の頃には、素肌のスキンケアをある程度怠っていても、
特に気にならなかったので、注意散漫となりがちな「シミ」について、

シミを防ぎたい女子たちへ、参考になるお話しをご紹介していきますね。

シミはいつの間に出来るのか?

紫外線(UV)はシミの原因となるので、紫外線を浴びすぎない方が良い、
このことは、誰もが知っている事実ですよね。
紫外線を浴びすぎないように、夏には特に紫外線対策を気をつけている女子たちは多くいます。

でも、紫外線を浴びたからといって、シミはすぐに出来る訳ではありません。
シミの生成が秘密裏に行われるため、シミが出来ていることに気が付けない為に、

「ま、いっか」「大丈夫でしょ」
と油断してしまいがちなのです。」

でも一体、紫外線を浴びた後に、シミはどのようにして出来あがっていくのでしょうか?

紫外線が原因に | シミを予防したい女子たちへ

紫外線を浴びると、紫外線の原因となる「メラニン」が作られ始めます。

表紙の基底層にあるメラノサイト(メラニン生成工場)が活性化するので、
メラニンが作られ始めます。

生成されたメラニンは、新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返して、肌表面側にある角層へと移動していきます。
そして、古い角質はいずれ剥がれ落ちることとなるのですが、古い角質と一緒に、メラニンも剥がれ落ちてくれるのです。

ということは、
新陳代謝(ターンオーバー)の循環がしっかりと機能していれば、
メラニンは素肌に残存することなく、剥がれ落ちてくれるので、シミにはなりません。

でも、新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが乱れてしまうと、
メラニンも、古い角質と一緒に剥がれ落ちることなく、肌に蓄積されてしまうでシミになってしまいます。

その他に、紫外線(UV)を大量に浴び続けてしまうと、
メラニンも大量に作られてしまい、新陳代謝(ターンオーバー)によるメラニンの排出機能が、メラニン生成に追いつかない状態に陥ることもあります。

この状態では、新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルが正常に機能していたとしても、
メラニンの生成量が過剰であるために、メラニンが肌表面に蓄積して「シミ」となることがあるのです。

紫外線を浴びなくても | シミに気付かない女子たちへ

紫外線(UV)以外にも、
「活性酸素」はシミの原因となります。

「活性酸素」も、メラノサイト(メラニン生成工場)の活動を活性化させるので、
メラニンの生成を促して、シミを作る原因となるのです。

活性酸素は、「紫外線」「ストレス」「飲酒」「喫煙」「激しい運動」「睡眠不足」などによって増殖します。
活性酸素の増殖を原因とする『シミ』を増やさないためには、
生活習慣を見直すことも大切になりますね。

また、素肌が強い刺激を受けたときにも、シミは出来やすくなります。
「強い力でゴシゴシ洗顔すること」「顔が虫に刺されること」「ニキビが出来てしまうこと」
これらのことが、繰り返して行われると、
『シミ』が出来てしまうのです。

シミを防ぐには、「美白化粧品」を使うこと

シミが作られる一連の過程について、生成プロセスを阻害して、シミの生成を防ぐ役割を果たしてくれるのが、
美白化粧品」です。

「美白化粧品」を選ぶときには、
安全性と効果が認められている、厚生労働省認可の「美白有効成分」が配合されている美白化粧品を選びましょう。

 

 

(厚生労働省認可の「美白有効成分」)

シミ 美白成分

 

美白化粧品は、各メーカーが出していますが、
メーカー各社は、上記の「美白有効成分」を配合するにとどまらずに、
さまざまな成分を配合させています。

さまざまな成分を組み合わせることで、
美白効果を高める努力をしているのですね。

さまざまな成分としては、例えば、

  • 素肌の透明感を高めるための「保湿成分」
  • 黄ぐすみの原因となる「糖化を防ぐ成分」
  • 新陳代謝(ターンオーバー)を促す「細胞賦活成分」
  • 素肌に化粧品を浸透させる浸透技術といった「効かせる成分」

などが挙げられます。

このように、美白化粧品には、さまざまなタイプのものがあります。
美白化粧品に含有される成分の中で、一番効果がある成分はなにか?というと、

その問いに対する答えはありません。
正解はないのです。

個々人の持つ素肌の性質や、
シミの原因や、
個々人の肌質や美白成分との相性によって、

効果がある化粧品は異なるのです。
美白化粧品を選ぶ際には、ゆっくりと少しづつ試しながら選んでいくこと。
これが唯一の正解となるのですね。

↓ご参考動画です。

美白成分の中でも、防止効果が高いものは?

普段から、シミを防止するためのスキンケアに気を付けている女子たちでも、
「短時分の外出だから大丈夫かな?」とか、
「今日は曇りだから、紫外線は少ないに違いない」とか、
いうことで、
ウッカリと紫外線を浴びてしまうことがあると思います。

わたしの場合には、車でうたた寝をしているときに、気が付いたら日光がサンサンと降り注いでおり、紫外線をたっぷり浴びていた。。
そんなことが良くあります。

では、ウッカリと日光を浴びてしまい、紫外線を受けてしまったときには、
もう取り返しは付かないのでしょうか?

実は、必ずしもそんなことは無いのです。
素肌が紫外線を浴びてから、メラニンが作られるまでは「数日間」の猶予期間があります。
数日の猶予期間中に、メラノサイト(メラニン生成工場)の活性化を防止出来るのであれば、

何とかギリギリセーフで、メラニンの生成を抑制することが出来るのです。
ウッカリ紫外線を浴びてしまったときにでも、何とかメラニン生成を防いでくれる「美白成分」は何かというと、

「ハイドロキノン」と
「ビタミンC」
です。

「ハイドロキノン」は、
生成されてしまったメラニンを薄くする効果があります。
シミを薄くしてくれるんです。

「ビタミンC」は、
生成されてしまったメラニンを、素肌内部で薄くしてくれる効果を持っています。
メラニンが黒くなっていくことを防止してくれます。

ウッカリと紫外線を浴びてしまったときにおいても、あきらめないで!直ぐに
「ハイドロキノン」「ビタミンC」といった成分含有の美白化粧品を用いて、スキンケアするのであれば、

シミの生成を抑制することができるのです。

もっとも、当然のことながら、
紫外線を浴びてしまった後に、「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」といった美白成分を使ったとしても、メラニンの生成を完全に抑えることは出来ません。

あくまでも大事なことは、
紫外線を浴びる前から、素肌のお手入れをすることなのです。
普段からの素肌のスキンケアを続けることで、

シミが発生する確率を下げて行くことが出来るのです。

シミが薄くなる美白美容液はこちらから!