くすみ

「くすみ」の原因と、タイプ別解消方法はこちらから! | 幸せ女子力スキンケア

なんだか最近、「顔色が冴えないなあ」と感じており、
肌の「くすみ」で悩んでいる女子たちがいます。

・顔色が悪く見える
・ファンデーションが浮いてしまう

ということで、
肌の「くすみ」に困っているのです。
あなたはいかがですか?

「くすみ」という概念は医学的にはないようなのですが、
人それぞれ、顔色が冴えない状態のことを「くすみ」と感じているのです。

不健康に見えたり、暗く見えてしまい、
女子たち本人も気にしている「くすみ」

では「くすみ」と感じてしまうのは、一体どのようなときなのでしょうか?

くすみの原因

① 古い角質が溜まってしまい、角質が厚くなっている場合

角質が厚くなっている状態を「角質肥厚」といいます。
古くなった角質が剥がれ落ちずに、肌表面に残った状態を「角質肥厚」というのです。

「角質肥厚」になる原因としては、
加齢により新陳代謝(ターンオーバー)の力が低下することが挙げられます。

肌表面に残ってしまった角質が、黒みを帯びてしまうので、
角質が重なると「灰色」っぽく見えてしまうのです。

② 血行が滞っている場合

睡眠不足を原因として、血流が滞ってしまい「血行不良」となると、
血色が悪くなってしまいます。

血色が悪いせいで、肌色が冴えなく見えてしまうのです。

③ 乾燥による場合

肌は乾燥して水分がなくなると、本来持っているお肌の防御機能が低下します。
肌は潤いをキープするために、自分自身で何とかしようとして、

角層が厚くなってくるのです。
角層が厚くなると、上記の「角質肥厚」と同じ状態になるため、肌が「灰色」っぽく見えてしまうのです。

上記の①~③以外にも、いくつが考えられる原因があります。
「紫外線(UV)により、軽い日焼け状態のようになる場合」
「摩擦による炎症性色素沈着による場合」

これらの場合にも、「くすみ」として認識されることがあるのです。

このように、
「くすみ」には、幾つかの原因(ケース)が考えられますが、
原因(ケース)によって、対処方法が異なってきます。

だから、
まずは、自分のくすみがどのタイプなのか?ということを
しっかりと確認する必要があるのです。

タイプ別の「くすみ」解消方法

くすみ,解消方法① 角質が厚くなった場合(角質肥厚)

角質肥厚が原因で「くすみ」が起きている場合には、
保湿」することが有効な「くすみ」解消方法です。

しかし、
角質が厚くなっている状態のまま、保湿の美容液を塗ったと      しても、肌の中に保湿成分は浸透していきません。

だから、角質肥厚の状態にある場合には、
保湿の美容液を塗る前に、古い角質を除去することが必要とな るのです。

 

角質を除去するときには「ピーリング」を使うとよいでしょう。
「ピーリング」を使って角質を除去すると、美容液の保湿成分が浸透しやすくなります。

保湿成分としては、必ず「セラミド」などの成分を配合した美容液を使いましょう。
「ピーリング」とセラミドなどの保湿成分配合の美容液は、セットで使うのです。

➡保湿の参考記事はこちらです。

あわせて読みたい
保湿対策には「セラミド配合化粧品」 | 幸せ女子力スキンケア保湿対策をしたつもりになっている女子たち スキンケアの要は、保湿です。 保湿がキチンとできていないと、肌の機能が低下してしま...

「ピーリング」で新陳代謝(ターンオーバー)を促しましょう。

② 血行が滞っている場合(血行不良)

血行が良いときには、すなわち血液に酸素が充分に行き届いているときには、
肌は明るくピンクがかった血色のよい色になります。

肌の色は、血液の赤色が大きな影響を与えているのです。

しかし血行が悪くなると、
酸素不足により血液の色が暗くなるため、くすんで見えてしまうのです。

血行不良による「くすみ」を解消する場合には、
血行を促すマッサージをすることが効果的です。

マッサージを行うときには
「マッサージクリーム」などを塗ったうえで、優しくマッサージしましょう。
強くこすったりしないように、気を付けてください。

マッサージの他にも
「ツボ押し」や、
「適度な運動」も、

全身の血行を良くするので効果的です。おススメです。

➡「くすみ」をとるマッサージ

③ 乾燥による場合

肌が乾燥していると、角層が厚くなり、灰色となります。

特に「冬の間」は、気温低下により血行が悪くなり、
・新陳代謝(ターンオーバー)が悪くなる、
・栄養が行き渡らなくなる、
・酸素が行き渡らなくなる、
ということで、乾燥しがちなるので、
グレー色が強く出てしまう傾向にあるのです。

このように乾燥を原因として「くすみ」が出ている場合にも、
「保湿」を行うと「くすみ」が緩和していきます。

「保湿」をする際には、
「セラミド」や
「ヒアルロン酸」などの、
保湿効果がある保湿成分が配合された「美容液」を使ってケアすることで、

肌が潤い、肌が明るく見えるようになるのです。

➡保湿の参考記事はこちらです。

あわせて読みたい
保湿対策には「セラミド配合化粧品」 | 幸せ女子力スキンケア保湿対策をしたつもりになっている女子たち スキンケアの要は、保湿です。 保湿がキチンとできていないと、肌の機能が低下してしま...

やってはイケないこと | 血行不良によるくすみ

喫煙者の肌をみると、たいていは「くすんで」います。
喫煙により、毛細血管の働きが弱まるのですね。

とくに、
喫煙者の「唇」はくすんでいます。

喫煙により毛細血管の働きが弱まると、肌に酸素や栄養が行き渡らなくなるのです。

「喫煙」は
「紫外線(UV)」と同じく、
お肌に良いことは、一つもないのですから、
禁煙することが大事となるのです。

 

➡「くすみ」をとるマッサージ2

くすみをリセットする夜専用のオールイワン美容液

鏡を見るといつも顔が暗く見える。電車の窓にうつる顔、夕方のトイレなんてもう最悪!

そのくすみ、原因は古い角質の蓄積と乾燥です。

別々にケアしないとくすみは消えない?

いいえ。この2つを同時に解決するのが、優れた保湿力を保ちながら角質ケアもできる夜専用オールインワンジェル美容液。

使った翌朝から!


いろんな化粧品や美容液を試したけれど、くすみや乾燥が改善しない。そんな人にぜひ使ってほしい美容液です。

あわせて読みたい
バッサ美容液の使い方・使用感のレビュー | シミ・乾燥・敏感肌に効果ある?口コミとよくある質問東急ハンズやショップインでよく目にする青い瓶のバッサ美容液。 売り子さん(いわゆるバッサガール)に声をかけられた方もいるのでは? ...