目の下のクマ

「目の下のクマ」を治す方法はありますか? | 女子力向上の美肌スキンケア

第一印象や、人柄、年齢は、「目もと」で判断されてしまう部分が多いと思います。
目もとが、いかに健康な状態であるかで、印象や感じらて方が、ガラッと変わってしまうのです。

目もとの印象に悪影響を与える天敵が「目の下のクマ」です。
目の下にクマがあると、たとえ
「瞳が綺麗」でも、
「アイメイク」をしていても、

疲れた印象を与えてしまったり、老けた印象を与えるのです。
とくに、
「パソコン」や「スマホ」
「冷え性」
「不規則な生活」

こんなことが、目の下にクマが出来やすい要因であるため、
クマは若いから出来ない、ということではないのです。

年齢を問わず、多くの現代人は、目の下にクマが出来てしまう脅威に晒されているのです。

では、目の下にクマが出来ないようにするためには、どのような対処方法をとっていけばよいのでしょうか?

美肌を維持するためのスキンケアの方法を、ご紹介していきますね。

クマが出来やすい環境にある、現代の女性たち

仕事で長時間パソコン作業をしている女性たちは多いことでしょう。
更に、出勤時でもプライベートでも、電車に乗っているときや、ちょっとした空き時間には「スマホ」の小さい画面で、小さい文字をジッとみている時間が多いのです。

さらに、
不規則な生活を送っており、「睡眠不足気味」であったり、
疲れやストレスから、「甘いもの」を食べすぎてしまったり、
身体が冷える食べ物を食べたり、運動不足であるために、「冷え性」であったりと、

こういった状態にある女子たちは、より一層、
「目の下にクマ」が出来やすい状態なのです。

目の下のクマは、年齢に関係なくできてしまうことを、先ほどご紹介しましたが、
加齢とともに、クマは出来やすくなり、消えにくくなる、ということも事実なのです。

年来を重ねるたびに、大人女子たちは、より一層「目の下のクマ」に注意していかなくてはいけませんね。

「目の下のクマ」には、何種類あるの?

「目の下のクマ」は、3つに分類することができます。

❶ 青グマ

… 青色または青黒いクマです。
クマが出来ている箇所の皮膚を伸ばすと、          クマの色が薄くなります。
皮膚を引っ張っても、クマは動きません。

❷ 黒グマ

… 目の下の皮膚が凹んでいます。
上を向くと色が薄くなり、皮膚を引っ張るとクマが消えます。

❸ 茶グマ

… 皮膚を引っ張ると、クマも一緒に動きます。

青グマが出来る原因としては、血流が滞っていることが主因として挙げられます。なので、
青グマは、血流を促すことで解消できるのですが、
黒グマと、茶グマは簡単には改善できません。

黒グマは、素肌がたるんでいることにより、影が出来ている状態です。
茶グマは、シミや色素沈着が関係しています。

この3種類のクマは、出来あがる原因が異なるために、スキンケアの対処方法も異なります。
正しい方法でスキンケアをして、対処していかないと、クマを解消することが出来ないので、自分のクマのタイプを適切に把握して、適切な方法で対処していくことが必要になるのです。

 

↓30秒で「目の下のクマ」を撃退!押すだけ簡単 「青グマ」に効果的ですよ!

クマのタイプに合わせた「素肌」のお手入れ方法

❶ 青グマ

(主な原因) 血行不良のとき

「目が疲れたとき」「睡眠不足のとき」「ストレスのとき」には、
目の下の血流が滞ってしまいます。

目の周りの毛細血管は、血流が滞ると、
皮膚表面からでも毛細血管が透けてみるのです。

(スキンケアによる対処法)

① アイクリームを使いましょう
新陳代謝を促してくれる「ビタミンK」や「ビタミンE」入りの
アイクリームを使用するといいですよ。

② 目もとを温めましょう。
「蒸しタオル」や「ホットパック」を使うといいですね。

(食事による対処法)
① 血行を良くするために「ビタミンE」をとること。

② ヘモグロビンの材料となる鉄分も摂取して。
「鶏レバー」「ひじき」「あさり」「納豆」「小松菜」のことですね。

❷ 黒グマ

(主な原因) たるみ、むくみ、小じわのとき

「ダイエット」をしすぎたときや、
「長時間のコンタクト使用」したときや、
「目もとを強く擦った」ときには、
目の下に『たるみ』が出来てしまいがち。

皮膚がたるむと、たるみの影が黒く見えるのです。

『たるみ』に『むくみ』が加わると、さらにクマが目立ちます。
『小じわ』があると、影で黒っぽく見えることもあるのです。

(スキンケアによる対処法)
① 抗酸化成分配合の化粧品アイテムを使いましょう
「ビタミンC誘導体」「アスタキサンチン」「フラーレン」
が入っているアイテムがおススメです。

② コラーゲンの生成を助けてくれる成分が配合されているアイテム
「ビタミンC 誘導体」「レチノール」
もおススメですよ。

③ たるみ予防のスキンケアも参考にしてください。

あわせて読みたい
正しい「たるみ」対策が美肌のもと! | 幸せ女子力スキンケア毎日丁寧にお手入れしているのに、どうしても顔に「たるみ」ができてしまう。 そんな女子達が結構多いようです。 今のあなたは「正しい...

 

(食事による対処法)
① コラーゲン生成の元となる
「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」を摂取すること

② 塩分を控えめにして、「むくみ」を防止すること。

❸ 茶グマ

(主な原因) 色素沈着や、小さなシミがあるとき

「目もとを強く擦った」ときには、色素沈着が生じてしまいがち。
『色素沈着』によったり、
「小さなシミ」が集まることにより、

目の下の皮膚が茶色く見えるのです。

「化粧品によるカブレ」や
「乾燥肌」が原因となって、

目もとが茶色くみえることもあるのです。

(スキンケアによる対処法)
① 美白成分が入っているスキンケアアイテムを使いましょう。
「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「プラセンタ」

② 保湿のスキンケアをしっかり行い、乾燥肌を防ぐこと

③ 紫外線(UV)のスキンケアをして、1年中日焼け止めすること。

④ ゴシゴシ洗いの強い力で洗顔したり、
洗顔の際に、メイクを洗い残してしまったりすると、
色素沈着の原因となります。
正しい方法で洗顔をしてくださいね。

⑤ シミ防止のスキンケアも参考にしてください。

あわせて読みたい
あらゆる「シミ対策」をご紹介します | 幸せ女子力スキンケアお肌のことで悩んでいる女子はいませんか? とりわけ、「シミ」が気になるのだけど、対処法が分かりません。。 そんな女子は多いのでは...

(食事による対処法)
① メラニン生成を抑制してくれる
「ビタミンC」を摂取しましょう。
パプリカ、キャベツ、ブロッコリー、サツマイモ等にも入っていますよ。

プロのメイクアップアーティストが現場で使うメイク崩れなしの化粧下地とは?

朝ばっちりメイクしても、日中はトイレに行く度にメイク直し・・・

デートや結婚式で張り切ってメイクしても、たどり着いた時には崩れてる・・・

そんなイライラや手間とはもう無縁になります!

夏の暑い時でも夕方までメイクが崩れない化粧下地。

↓プロが現場で使う理由が分かりますよ↓

あわせて読みたい
口コミが多いシルキーカバーオイルブロック使ってみたよ感想レビュー。価格も比較してみたよ。毛穴を目立たなくする、化粧崩れしないなどで有名な「セルフューチャーシルキーカバーオイルブロック」。 リピーターもすごく多いようです...