洗顔方法と洗顔料について、効果的なやり方を知りたい! | 美肌づくりの基礎化粧

さて、メイク汚れをクレンジングで大まかに落とした後には、
「洗顔」することになるのですが、

➡クレンジングの仕方はこちら

肌に優しいクレンジングの選び方( 肌を傷めないスキンケア) 肌がダメージを受けることを防いでくれるのがメイクも、素肌を外的ダメージ...

 

洗顔料の選び方や、洗顔の仕方は、
実は非常に重要なポイントとなります。

 

基礎化粧の中でも、根幹的な位置づけとなるのが
「洗顔」です。

 

まずは、洗顔料の選び方から、ご紹介していきたいと思います。
素肌を綺麗にするためには、基礎化粧段階におけるスキンケアは手を抜くことが出来ませんね。

 

洗顔料の選び方 | シンプルな固形石鹸が良い

洗顔料選びで悩んでいるあなたへ。
そして、
昔から使っている洗顔料があるから、わたしは悩んでいませんというあなたへも。

 

端的に言うと、洗顔の際には、
「石鹸」を使ってください。
そのことを声を大にして言いたい!

 

洗顔には石鹸が一番なのです。
石鹸を使ってください!

 

石鹸を使うことで、皮脂を中心とした汚れをしっかり落とすことが出来て、
素肌に余分なものを残さないことが出来るのです。

 

洗顔後に行う「美容液」「乳液」などで、保湿などの肌の健康を保つためのスキンケアをするための
土台作りが出来るのですね。

 

洗顔の際の洗顔料は、肌の皮脂をしっかりと落とすことが目的なのですから、
汚れを落とす以外の成分は必要ありません。

 

余分な成分を含んでいない石鹸を選ぶことが、ポイント

近頃の洗顔料には、
「肌にうるおいを残す、保湿成分配合」のものとか、
「美白成分も配合」というものとか、

 

○○成分配合という謳い文句やら、イメージをうたっている洗顔料があります。
これら洗顔料は、一見良さそうなのですが、

 

洗顔は、皮脂を落とす目的で行うために、
顔をすすぐ際に、あらゆるものは流れ落ちてしまうのです。

 

だから、○○成分が配合されていようと、
結局は、洗顔によるすすぎの際に、水と共に流れ落ちてしまうのです。

 

洗顔料は、皮脂の汚れを落とすことを目的として選ぶ必要があります。

 

石けん洗顔は美肌づくりの基本

石けん洗顔を、朝と晩の2回することは、
女子力を維持するための、美肌作りのスキンケアをする上では必須なことです。

 

美肌を維持するためにも、
皮脂の汚れをとる習慣をしっかりと作りましょう。

 

肌に油分が残ったままだと、
油分によって、素肌は酸化してしまい、肌老化(エイジング)の原因となります。
シミやらシワが出来てしまうのですね。

 

肌に油分が無くなることを気にして、洗顔を控えめにしている女性たちもいますが、
(乾燥肌の女性たちが多いのでしょうか)

 

洗顔で洗い流されてしまった油分は、洗顔後のスキンケアの際に補えばよいのですから、
心配はありません。
古い油分が顔肌に残ってしまい、酸化することこそが何よりも不潔であり、肌に不健康なわけです。

➡正しい洗顔方法を極めたい女子たちは、こちらもご覧ください!

(一覧)★正しい洗顔方法 ★| 美しい素肌づくり 美肌をつくるためには、洗顔はどのように行ったらよいのだろ...

石けん洗顔の方法は?

石鹸で洗顔することとして、
では一体、どのような方法で洗顔すればよいのでしょうか。

 

まずは、しっかりと石鹸を泡立てましょう。
石鹸をたっぷりと泡立てたあと、素肌を擦らないようにしながら、
(顔肌に、摩擦によるダメージを与えないようにしながら)

 

泡を顔全体に馴染ませます。
泡を馴染ませたら、泡を転がすようにして、力を入れすぎないようにして洗顔をします。

 

洗顔を行う順番は?

まずは、Tゾーンから洗いましょう。
石鹸の泡を、顔の中で皮膚がつよいTゾーンから馴染ませていくのです。

 

次に、頬・フェイスラインというUゾーンに泡を馴染ませていきまして、
最後に、目元・口元といった、もっとも皮膚が弱いとされる部分への泡を馴染ませていくのです。

 

石鹸の泡を馴染ませていく順番は、
クレンジング料を馴染ませていく順番と同じですね。

 

泡を馴染ませたら、
ぬるま湯を使って、丁寧にすすぎを行います。

 

すすいだ後に、まだ皮脂が残っているようであれば、
もう一度、石鹸を泡立てて、同じ手順で洗顔をしてみましょう。

 

皮脂の汚れが残っている部分だけでよいのです。
皮脂の汚れの残り具合は、触った感触でわかるはずです。

 

洗い終わったら、タオルを軽く顔肌につけて、
押さえるようにして水気をとっていきましょう。

 

今までの悩みが嘘のように消えた!寝ている間に効く「そばかす専用クリーム」できました。

もうそばかすで悩まないために。

ようやくそばかす専用のクリームができました。

紫外線が1番強いこの時期に助かるアイテム。

イヤ〜なそばかす。 化粧をするたびに「なければいいのに」と思いませんか。 人からの目線も気になっちゃいますよね。 気にしないよ...

関連記事

関連記事がありません。