化粧水

化粧水の使い方を教えて欲しい! | 肌が潤う美肌つくりのスキンケア

化粧水の使い方を教えて欲しい! < 肌が潤う美肌つくりのスキンケア>

洗顔した後には、化粧水を使いますよね。
基礎化粧を正しく行うことは、美肌作りの基本です。

 

さて、ここで確認ですが、
「化粧水」の使い方を知っていますか?

これから基礎化粧を始めとした、スキンケアを始める高校大学生の女子たちや、
なんとなくスキンケアをしてきた大人女子たち、

基礎化粧は、女子力維持のためにも、大切なこととなるので、
知らない女子たちも、、
知っているよ!という女子たちも、

 

一度立ち止まって、確認することが大事で すよ!
洗顔のお話は先にしましたので、

あわせて読みたい
洗顔方法と洗顔料について、効果的なやり方を知りたい! | 美肌づくりの基礎化粧さて、メイク汚れをクレンジングで大まかに落とした後には、 「洗顔」することになるのですが、 ➡クレンジングの仕方は...

洗顔後の「基礎化粧」について、今回はしっかりとポイントを押さえてくださいね!

 

「化粧水を浸透させる」は間違いです

洗顔後に化粧水を素肌につけるときには、
化粧水の潤い成分を、肌内部に浸透させるために、

 

「浸透させる時間」を、長めに設定しましょうって、
そんなことを言ってる人たちがいますけど、これって

 

「間違いですから!」
皆さんは、潤いがある美肌作りをしたい訳で、乾燥肌にはなりたくないはずです。

 

しかし、化粧水を浸透させるために、「化粧水を肌上」に「長時間」置くということは、
素肌に悪影響を及ぼす行為なのです。
肌が乾燥してしまうのですから、肌に悪い行為をしている女子たちがいましたら、即刻中止しなくてはいけません。

 

化粧水が肌に浸透すると、肌から水分が蒸発する。

肌内部には「角層」というエリアがあります。
角層には、こんな2つのバリア機能があるのですが、

 

① 肌内部に異物が侵入することを防止する
② 肌の保湿を保つ

 

化粧水が肌内部に浸透する際には、
この角層が持つバリア機能により、浸透が妨げられてしまいます。

 

だから、時間を置いたところで、
化粧水を肌内部に浸透させることができないのですね。

 

ただし、場合によっては、化粧水が肌内部へ浸透する場面があります。

 

それは、肌のバリア機能が低下しているときです。

例えば、
・エイジング(加齢)
・睡眠不足などによる体調不良
によって、肌のバリア機能は低下してしまうのですが、

 

バリア機能の低下により、化粧水が肌内部へと浸透してしまうと、
化粧水が肌内部の水を、肌の外へと排出してしま うのです。

 

水は、肌につけた瞬間から、蒸発を始めます。
蒸発する際に発せられる熱(気化熱)によって、周りにある肌内部の水分も、一緒に蒸発してしまうのです。

化粧水は、その成分の多くが「水」でできているため、
肌内部に浸透させてしまうと、時間を追うたびに、肌内部の水分が蒸発してしまうのです。

バリア機能が弱まっている状態で、化粧水をつけてしまい、肌に浸透させようとして、時間を置くということは、

化粧水を乾燥させる時間的猶予を設けるとともに、肌内部を乾燥させることを見過ごしている、ということになるのですね。

化粧水をつけるときに、注意するポイントは?

化粧水をつけるときに注意すべきことは、
肌へ浸透させようとすることではありません。

化粧水が蒸発しないように、
はたまた、化粧水に含まれる成分が逃げないように、

 

なるべく早く、素早く
「美容液」やら、
「乳液」
をつけることなのです。

 

化粧水は、手のひらを使って、肌にやさしく押し込むようなイメージで馴染ませたうえで、化粧水が乾かないうちに、

美容液や乳液といった
「油 分」を含んだ基礎化粧アイテムをつかって、

 

素早くフタをすること。
肌の潤い成分をしっかりと、閉じ込めることが大事なのですね。

おススメの化粧水は、こちらから (⋈◍>◡<◍)。✧♡

プロのメイクアップアーティストが現場で使うメイク崩れなしの化粧下地とは?

朝ばっちりメイクしても、日中はトイレに行く度にメイク直し・・・

デートや結婚式で張り切ってメイクしても、たどり着いた時には崩れてる・・・

そんなイライラや手間とはもう無縁になります!

夏の暑い時でも夕方までメイクが崩れない化粧下地。

↓プロが現場で使う理由が分かりますよ↓

あわせて読みたい
口コミが多いシルキーカバーオイルブロック使ってみたよ感想レビュー。価格も比較してみたよ。毛穴を目立たなくする、化粧崩れしないなどで有名な「セルフューチャーシルキーカバーオイルブロック」。 リピーターもすごく多いようです...