優しいクレンジング料の選び方を教えて | 肌を傷めない基礎化粧で女子力あげる

肌に優しいクレンジングの選び方( 肌を傷めないスキンケア)

肌がダメージを受けることを防いでくれるのがメイクも、素肌を外的ダメージから保護してくれる効果はあっても、メイク自体が肌に負担を与えていることは確かです。だから、家に帰ったら、クレンジングを落としきることは大事なこと。

1日の終わりにメイクをしっかりと落としきって、肌のすっぴんの状態に戻すことは、何よりも大事なこと。美しい素肌を保つためにも、汚れは必ずその日のうちに洗い落とすことが大切です。

 

近頃のメイクアップ料は、洗顔するだけでは落としきることができません。
メイク崩れを防止する成分がたくさん入っているために、
メイク中は、汗や水にも強くなりましたが、

 

そのおかげで、メイクを落とす際には、単純に洗顔しただけでは、メイクが落ちなくなったのですね。

 

では、メイクを落とすには、どうすればよいのでしょうか?クレンジング料には多くの種類があるのです。お気に入りの使いやすいクレンジングを見つけることは、基礎化粧の第一歩です。

スキンケアをしっかりとして、キレイな素肌力を維持すること。女子力をあげていきましょう。

クレンジング料には種類がいろいろ

クレンジング料には、油分であるメイクアップ料を浮かせてくれる油分成分と、界面活性剤といって、水と油をなじませてくれる成分が配合されています。

 

メイクアップ料は単なる油汚れです。油は水に馴染まないため、水と油を馴染ませてくれる界面活性剤が必要となるのですね。

界面活性剤は、メイクアップを落とすためには必要不可欠。
界面活性剤の質や、量によって、クレンジング料の品質が決まるのですね。

 

クレンジングには、
「❶クリームタイプ」
「❷ミルクタイプ」
「❸ジェルタイプ(水性)」
「❹泡タイプ」
「❺オイルタイプ」
「❻リキッドタイプ」
「❼拭き取りタイプ」
と、色々なタイプがあるのですが、

一体、どのタイプのクレンジングが、肌に良い品質のクレンジング料と言えるのでしょうか。肌に優しいもの、刺激が少ないクレンジングを選びたいですね。

クレンジング料の効能 | 肌への刺激が少ないタイプは?

「❶クリームタイプ」

一番肌に優しいクレンジング料は、クリームタイプです。おススメのクレンジング料です。

クレンジング料は、界面活性剤が配合されている以上、肌への負担が大きいのですから、
なるべく、肌を傷めにくいアイテムを選ぶ必要があります。

水分と油分のバランスがちょうどよく、素肌に優しいのが、クリームタイプ。

素肌に優しい洗顔料を使って、正しい方法で洗顔したいもの。

毎日のように行うクレンジングですから、肌に優しいものを、選びたいものですよね。

おススメの洗顔料 ☞

「❷ミルクタイプ」

ミルクタイプは、水分が多いのが特徴です。
水分が多いために、肌への優しさは持っているのですが、
反面として、油分であるメイクアップ料との相性は良くないのです。

 

だから、メイクはなかなか落ちにくい!
軽いメイクの日には、ミルクタイプのクレンジング料を使ってもいいでしょう。

 

でも、ファンデーションを使ってメイクをしている場合には、使わない方がいいでしょうね。
ファンデーションを落とすために、ゴシゴシと力を入れてしまい、素肌を傷めてしまう恐れがあるのです。

「❸ジェルタイプ(水性)」

ジェルタイプのクレンジング料は、肌への刺激が弱いのが特徴です。
透明でなくて白いものがいいと思います。

「❹泡タイプ」

泡は水分を含んでいるため、肌への負担は軽めになりますが、
その分、メイクとの相性が悪くなります。

泡タイプのクレンジングは、
オイルタイプや、リキッドタイプよりも、肌への負担が少ないのですが、

肌への負担は、
クリームタイプや、ミルクタイプよりも、大きくなります。

「❺オイルタイプ」は刺激が強すぎ

肌への刺激が強いのがオイルタイプのクレンジング料です。

 

オイルタイプのクレンジング料は、油分が多く配合されているために、メイクアップ料と馴染みやすい反面、
水分と馴染ませるための界面活性剤もたくさん必要になります。

 

リキッドタイプと同様に、液状のためにさらりと使いやすい傾向にありますが、
洗浄力が強いため、毎日使っていると、素肌を傷めやすい傾向にあります。

ただ、メイクを、素早く落とすことが出来るのは事実です。
時折であれば、オイルタイプを使ってみることもありかもしれませんね。

「❻リキッドタイプ」も刺激が強すぎ

リキッドタイプのクレンジング料も、肌への刺激が強いです。
この点はオイルタイプと同様ですよね。

リキッドタイプも、使いやすいのですが、素肌を傷めやすいので注意が必要ですね。

「❼拭き取りタイプ」は素肌を傷める

拭き取りタイプは、お手軽に使えるために使われることが多いのですが、
この拭き取りタイプのクレンジング料は、拭き取る際の刺激が強いために、もっとも肌を傷めてしまいます。

だから、毎日拭き取っていると、
「赤ら顔」になってしまったり、
「シミ」ができてしまいます。

肌への刺激を少なくするには? | 女子力UPの基礎化粧品

私のおススメは、
水分と油分のバランスがちょうどよく、素肌に優しい
「クリームタイプ」の洗顔・クレンジング料です。

クレンジングをしっかりとしないと、
そのあとに、どんなに基礎化粧を頑張り、スキンケアをしたところで、

素肌の健やかさは保てません。

日本の20代〜30代のうち22%以上が利用するマッチングサービス!
  • 理想の人に出会いたい
  • 彼氏がほしい
  • 結婚相手を真剣に探してる

日本の20代30代の人口約2733万人のうち22%をこえる600万人以上が利用

(*人口:総務省統計局人口推計 平成30年3月1日現在の概算値より計算)

Facebookで簡単登録&お相手探し。
だけどfacebookの友達にはバレない。

真剣に理想の相手を探したい、けれど時間とお金がかかるのは嫌。
そんな人にオススメです。

【pairs】Facebookで恋活・婚活