素肌美人になる[方法]

クレオパトラから学ぶ「お花」を使う美容法 | 女子力向上の 素肌美人になるスキンケア

クレオパトラから学ぶ美容法 | お花を使いましょう

世界の三大美女のクロオパトラは、薔薇ジャスミンのお花を こよなく愛しました。香辛料では、シナモンを好んだそうです。クレオパトラは、特に薔薇風呂を愛しました。

 

薔薇風呂にはメラニン生成を抑制する効能があるため、「シミ」や「クスミ」や「日焼け(紫外線)対策」にもなります。
また、薔薇風呂に入ることで、女性ホルモンの分泌も良くなりますので内面から綺麗になります。

 

スキンケア対策を普段の生活に取り入れて、
しっかりと美肌対策をすることで、女子力を向上させる方法をご紹介していきますね。

薔薇とジャスミンをオイルに漬けて | クレオパトラ美容液

クレオパトラは、ジャスミンのお茶を愛飲されていたと言われています。ジャスミン茶は、ビタミンCを豊富に含有しており、コップ3杯で りんご1個分のビタミンCを含んでいます。ジャスミン茶を飲むと内面から美白やシミやクスミ等の抑制ができます。

クレオパトラは、薔薇やジャスミンのお花を、油に入れて漬け込み、そのオイルを肌に塗ってスキンケアをしてたそうです。

当時のエジプトは、今のみたいに美容液が無かったわけですから、クレオパトラは、天然の植物系の油に薔薇やジャスミンを漬けたいたのだと思います。クレオパトラの美は、お花から得ていたと言われているのです。

薔薇の香水で男性を未了

クレオパトラは、その時々の英雄を魅了する美貌を持っていたことも有名です。魅了された英雄達は、クレオパトラの愛用してる薔薇の香水の香りにより、クレオパトラに魅了されたという説もあります。

 

香水や化粧品には、お花の香や植物系の香の商品が多いのですが、それは女性ホルモンの分泌を促して世の女性達を更に内面から美しくしてくれる為です。

またアロマや風水的にも、薔薇の香には男性を魅了する効力があると言われてます。クレオパトラが その時々の英雄にモテたのも薔薇の香のお陰でもあると思われるのです。

肌疾患もお花で治す | クレオパトラのお風呂エステ

現代でも美容医学系のエステサロンにおいては、重度の肌疾患で悩むお客様に対して、個別にエステメニューが組まれてます。お風呂もエステのメニューに組み入れてる場合もあります。

薔薇のお風呂で血行を良くして肌疾患を治す目的なのです。私が入ったエステのお風呂には、薔薇のみでなく様々な色のお花や花びらが たくさん浮いてました。

色彩鮮やかなお花いっぱいのお風呂に入ると、まずは見た目から心身が癒されます。

またお花の香りにより、女性ホルモン分泌が促されて、内面からキレイになる効果もエステでは狙っているのです。エステサロンでは無農薬の「食用のフラワー」を使用します。

農薬でカブレる人もいますので無農薬の「食用のフラワー」を使うことがお勧めなのです。

花は「食用」か「ガーディニング」で | 美肌スキンケア

食用のお花は、エディブルフラワーまたは食用花と呼ばれており、百貨店や高級スーパーやインターネットで販売されてます。

ちなみに、お刺身のパックの中に小さい黄色い菊や小さい紫色の紫蘇のお花もエディブルフラワーです。お刺身のパックに入ってる菊や紫蘇のエディブルフラワーを使っても、お花のお風呂や様々な美容を楽しむことが出来ます。

もし、あなたが実際に、お刺身のパックの中に入っているエディブルフラワーを使ってお風呂に浮かせるならば、エディブルフラワーを洗うときには、中性洗剤ではなく体に優しい洗剤で使って下さい。

お刺身のパックの中に入ってたのを気になる人は若干色や新鮮さが傷みますが、沸騰したお湯にエディブルフラワーを入れて、1分煮沸消毒をして下さい。沸騰したお湯に1分煮沸消毒をするとノロウィルスやO-157等の食中毒を起こす菌も死滅するからです。

煮沸消毒した後には流水でキレイに洗います。綺麗になったエディブルフラワーを、その日のお風呂に入れるのが良いです。

お花は花びらをばらしてからお風呂に入れてもいいですし、 そのままの状態でお風呂に入れても良いです。

古来の中国は、菊をお湯に浸して そのお湯を皮膚の腫れ物や 出来物に塗る薬として使われてました。紫蘇は、解毒作用があり花粉症やアレルギーに良いというのです。お刺身のパックに入ってた菊や紫蘇のお花も、お風呂に入れてることで美容にも役立たせることが出来るのです。

お風呂に入れるお花は、わざわざ買わなくてもよいのです。自分でガーデニングで育てた無農薬のお花もいいものですよ。
食用にされるお花は、人間の体に優しいですのでお風呂に入れることもできますし、食用にされるお花をガーデニングで無農薬で育てると、さらに安心して使うことができますよね。

ハーブ系のお花をガーデニングで栽培することは、お勧めですよ。というのはハーブ系をガーデニングで栽培すると摘み取っても、また自然と増えていきます。紫蘇もハーブ系です。ハーブ系をガーデニングで育てると経済的です。

ジャスミン薔薇は、種から育てると完全無農薬です。植物系オイルに薔薇やジャスミンを漬けたり、薔薇をお風呂に入れたりクレオパトラ式美容をリーズナブルで楽しめます。
薔薇は、苗から育てると楽です。

自分が育ててから出て来た葉っぱや薔薇のお花なら農薬の心配がありません。ハーブ系は、食用としてガーデニングの種や苗が販売されてます。薔薇に関しては食用で薔薇を食べる場合もあります。ですが薔薇をはじめ植物全般食用として販売されてないなら食べないで下さい。

アロマオイルでマッサージを

実際にエステサロンでのマッサージでは、植物系オイルに、ミント系や薔薇や柑橘系等のアロマオイルを入れて使うのがメジャーです。

クレオパトラが愛用していた美容法をベースにして、現代のエステが生まれたのかもしれませんね。

 

野菜中心の食事を

クレオパトラが生きた時代は、今みたいに食材が豊富な時代ではありません。クレオパトラの時代には、イチジクやモロヘイヤやシナモンや様々な木の実等の植物系の食事が多いかったことも確かです。

ジャスミンのお花をお茶にしたジャスミンティーを飲んでいた可能性も高いです。できるだけ添加物の多い食事を控えて野菜等の植物系の食事を増やすのも更に内面から美しくなる秘訣です。

 

☞ 素肌美人になる方法<一覧>