素肌美人になる[方法]

お金が掛からない!お米「とぎ汁」を使った美容法 | 女子力向上の素肌美人になる方法

美容は、お金を掛ければ掛けたほど綺麗になるかと言いますとそうではありません。
できるだけお金を掛けずに美を追求して効果を出すのが効率的です。
その一例を紹介したいと思います。

【お米を毎食食べる】

医食同源と言う諺があります。わたしは乾燥肌とアレルギー性皮膚炎の肌疾患も皮膚の病ですので肌疾患を治す為に食生活を見直してみることとしました。

 

以前の食生活は、朝食をフィンガーフードや即席ラーメン等で済ませたり、はたまた朝食を食べない日もありました。

 

昼食は、毎日麺類であり、夕食にはお米の他、おかずとして日によって和洋中のどれかをメインにしていたのです。

 

しかし、アレルギー性皮膚炎を患ってしまったこともあり、治すために美容医学の病院に通いました。その結果、その病院の医師からは毎食お米を食べる様にとの栄養指導を受けました。

 

特に朝食にはお米と納豆とお味噌汁の組み合わせは女性ホルモンの分泌を良くして美容に良いと言われたのです。医師からの食事指導を受けたこともあり、わたしもどのような食事をしたら良いのか、あれこれと研究するようになったのですが、わかったことは、❶~❹のことでした。

 

❶ お米に玄米を混ぜると美容効果が高まる。

❷ 毎朝パン食の人も、お米から作るパンの機械が電気屋さんで販売されているので、それを使ってお米のパンを作ることがおススメです。ご飯パンには納豆と豆乳の組み合わせが、やはり良いです。

❸ 朝食を食べると体温が上昇して体が温まり美容にも良いです。体が冷えてると血行不良になり乾燥肌やクスミ等の様々な肌トラブルが起こってしまうのです。

❹ 朝食を食べると、脳も活性化されて学業や仕事の効率も上がります。朝食べた物が夜に美容の基となる成長ホルモンの分泌促進につながるので絶対に朝食を抜いてはいけません。

 

食事は、よく噛まないとならないと言われます。特にお米は念入りに噛むことが必要ですよね。噛む時に左右どちらかに力が偏りますと顔の歪みになりますので、左右満遍なくお米を口の中に入れて1回30回以上噛むことが大事になります。

噛む事により骨や歯の再石灰化を助ける効果や、皮膚の新陳代謝を活発にする効果があるそうですよ。唾液中に含まれてるパロチンという物質が含まれているそうですが、

このパロチンは、新陳代謝により身体中を若返らせる効果が立証されてます。お肌の新陳代謝が活発になればシミやシワといったお肌の老化現象を防ぐことができるのです。

 

パロチンは、壊れた組織を修復する効果もあり白内障や更年期障害の治療薬としても使われるほどの若返りの物質です。

【お米のとぎ汁で洗顔】

お米を使った美容法は、まだまだありますよ!
お米から作った化粧品も販売されている位です。このお米由来の化粧品を継続的に使うことをおススメするのですが、

 

でも、時にはお金を使わずに「お米のとぎ汁」を使ってもキレイになれるのでご紹介しますね。
毎日お米をといだお米のとぎ汁で 2回目ぐらいにといだお米のとぎ汁が ある程度お米の汚れが取れて濃度的にも良いようです。できればお米は、農薬を使用してないのが理想的です。

お米のとぎ汁には
「ビタミンB1」、
「ビタミンB2」、
「ビタミンE」、
「セラミド」などが含まれます。

これらは、化粧品に使われてる成分です。
お米のとぎ汁には細かい粒子が入っており、毛穴にも入り込んで古い角質だけを落とすピーリング効果があります。昔の女性は、お米のとぎ汁で洗顔したり、髪の毛のコンディショナー代わりに使っていたという話も聞いたことがあります。

 

もっとも、お米のとぎ汁が目に入ると痛いですので目に入らないようにしてください。

お米のとぎ汁を使うことに抵抗感がある女子たち(農薬が心配な方とか)や、
より高い効果を求めている女子たちには、
「お米由来」の化粧品を使うことをおススメしますよ!

☞ 詳しくはこちらから☆

【お米のとぎ汁でシミやクスミ対策】

お米のとぎ汁のうち、ドロドロしてる部分を顔に塗りパックします。
10分間置いてから洗い流して下さい。
お風呂でパックするば、10分間置いてる間に体を洗ったり歯磨きをすると、時間的にも効率が良いです。

【お米のとぎ汁のオイル】

米油を肌に塗ると「乾燥肌」対策に良いです。お米のとぎ汁のできるだけドロドロした部分に「オリーブオイル」に適量混ぜると良いです。お米のとぎ汁は、天然物ですので冷蔵庫に入れて一日ぐらいしか持ちません。

 

だから、使う分だけのとぎ汁を用意した上で、オリーブオイルに混ぜて下さい。乾燥肌が目立たなくなりキメが細かくなります。

 

乾燥肌対策として、とても効果がある方法なのですが、
お米のとぎ汁を使うことに抵抗感がある女子たち(農薬が心配な方とか)や、
より高い効果を求めている女子たちには、
「お米由来」の化粧品を使うことをおススメしますよ!

お米由来の化粧品はこちらです。

【お米のとき汁の泥パック】

「お米のとき汁」と「小麦粉」を適量用意してドロドロにします。ドロドロの濃度はお好きな濃度で良いのです。

 

天然ですのでお肌に優しくシミやクスミに効果的です。効果が出るまでの時間は、シミやクスミの濃さによって異なります。早い人で数ヵ月で効果出ますよ!

 

こちらのお米のとぎ汁の泥パックも、とても効果がある方法なのですが、
お米のとぎ汁を使うことに抵抗感がある女子たち(農薬が心配な方とか)や、
より高い効果を求めている女子たちには、
「お米由来」のパックを使うことをおススメしますよ!

【お米のスクラブ剤】

肌荒れは、「古い角質」が完全に除去されてない状態で、更にまた「古い角質」が溜ることで起こります。古い角質」が何層にも溜まると皮膚が固くなってしまい、 ひび割れや痒みや湿疹等の肌トラブルになるのです。

 

ですので毎日「古い角質」は、除去するように心掛けないとなりません。肌が弱い人は、市販されてるスクラブ剤でカブレないか不安な人もいると思います。でもお米のスクラブ剤なら「天然植物成分」で肌に優しく肌が弱い人でも使いやすいです。

 

お米の「スクラブ剤」の作り方ですが、伝線したパンストを使って、お米を入れる袋を作ります。パンストの大きさは適当な大きさで切ります。切ったパンストの中に お米をスクラブしやすい適当な量を入れてお米が飛び出ないように切り口を結びます。破れないようにパンストを何重かに重ねてください。

 

そして入浴時に体をスクラブしますとキレイに角質が落とせます。パンストで袋を作るとお米が排水溝に貯まる心配もなく排水トラブルになりません。使い終わったお米のスクラブ剤は、ゴミ箱に捨てるだけです。

 

昔の人は、お米を美容に利用してました。お米の産地の秋田県の女性には[秋田小町]と呼ばれる美人が多いのも お米をよく食べて お米の美容を盛んに取り入れてたからかもしれません。

 

こちらのお米のスクラブ剤もとても効果がある方法なのですが、
お米を直に使うことに抵抗感がある女子たち(農薬が心配な方とか)や、
より高い効果を求めている女子たちには、
「お米由来」のスクラブ剤を使うことをおススメしますよ!

 

☞ 素肌美人になる方法<一覧>