素肌お手入れの「悩み」

日焼けした後に、やってはいけないこと | 紫外線を浴びてもめげない 女子力スキンケア

 

 

 

日焼けした後に、やってはいけないこと |紫外線を浴びてもめげない 女子力スキンケア

 

「わたしは、日焼け防止を心がけているから、大丈夫。」
「そもそも日焼けしないし、紫外線も浴びません。」

 

そんな、紫外線防止対策がバッチしの女子たちも、
ウッカリ日焼けをしてしまうこともあるのですから、

 

万が一のときに備えて、日焼け浴びちゃったときのアフターケアを、
しっかりと準備しておきましょう。美肌を維持するためには、

 

日焼けしてしまったときの対策をも、
ちゃんと準備しておくことが大事です。

 

でも、日焼けしちゃったときのスキンケア対策を準備している女子たちの中には、
間違っているアフターケアをしている女子たちもいるのです。

 

アフターケアしているつもりが、
かえって、肌にダメージを与えていることも。。

 

日焼けして赤くなったとき肌に、やってはいけないこと

日頃から紫外線対策(UVケア)に注意を払っていたとしても、
例えば、
「車の中」や、
「家の中のガラス越し」

といった環境により、
紫外線を浴びてしまっているものです。

 

しかも、夏のみならず、
冬でも紫外線が降り注いでいるのですから、

 

つい、ウッカリと、
紫外線を浴びてしまうことが、実は多いのです。

 

そこいら中に紫外線が降り注いでいる以上、
紫外線を全く浴びない、という対策をとることは、不可能と言えるでしょう。

 

だから、ウッカリト日焼けしてしまい、
肌が「赤くなっている」状態をみて、

 

しまった!日焼けしてしまった!
ということに気づくこともあることでしょう。

 

そんなときに、何とかしなきゃ!ということで、
「美白パック」をしたり、
「美白美容液」をつけたり、

 

そんな美白維持のためのスキンケアをしている女性たちは、
間違った肌のお手入れをしています。
肌にダメージを与えてしまっている可能性が高いのですね。

日焼けして、赤くなってしまった素肌は、
肌内部の角層は、水分がなくなり、剥がれやすくなっています。

 

皮膚の細胞が傷つき、水分を保てなくなっているのです。
やけどしている状態と同じであり、
素肌のバリア機能が弱まっている「敏感肌」と同じ状態なのです。

 

そんな風に、肌が弱まっているときには、
肌に刺激を与えてしまうスキンケア用品を、ダイレクトに使うことは避けるべきです。

 

美白成分であるビタミンCは、健康な肌に付ければ効果があるのですが、
バリア機能が弱っている素肌に、ダイレクトに付けることは避けるべきでしょうね。

 

肌トラブルが現れてしまい。
「かゆみ」が出たり、
「ひりひり」したり、

そんな悲惨な事態が起きかねません。

 

ビタミンC をはじめとした美白成分が含有されている、
「シートマスク」や
「美白コスメ」

を付けることはやめにしましょう。

 

赤色に日焼けした場合の対処法だよ

素肌が、日焼けにより赤くなってしまった場合には、
とにかく、
まずは、「冷やすことが大事」です。

 

なにはともあれ、
肌を冷やすこと、炎症を抑えることに意識を向けましょう。

 

「冷たいタオル」
「冷やしたコットン」

を使って、やさしく肌に当てることで、
クールダウンしていきましょう。

 

肌がクールダウンして、炎症が止んで、
肌の赤さと、火照り具合が落ち着いてきたら、

 

敏感肌用の、
クレンジング料やら、保湿の化粧品アイテムを使うのです。

 

炎症を抑えてくれる作用があるのが、
「アロエベラエキス入りの保湿ジェル」です。

 

肌が炎症が完全に落ち着いたら、
今度は「シミ予防」対策をすることが大事になります。

 

シミ予防対策として、
メラニンの生成を抑制してくれる
「APPS(アプレシエ)」や
「ビタミンC誘導体」

を配合しているコスメを取り入れましょう。

 

ウッカリと日焼けしてしまったときには、
正しいアフターケアをすることが、美白を維持するためのスキンケアの基本となりますよ。