素肌お手入れの「悩み」

お肌の悩み① 赤ら顔なんだけどどうしよう?困ったときの対象法 | 24歳の女子力UP

■24歳女子の悩み

顔が赤く見えてしまい、コンプレックスをもっています。
冬の季節だけ顔が赤くなるということではなく、

一年中、顔が赤いのです。
いわゆる「赤ら顔」ということなのだと思います。

今までは「メイク」を工夫することで、顔の赤みをカバーしてきたのですが、
「赤ら顔」を治す方法があれば教えてもらえませんか?

■対象法ご紹介

赤ら顔にお困りの方からのご相談ですね。
赤ら顔の女子は、どのようなスキンケアをすればよいのだろう、というご質問と理解いたしました。

さて、そもそも何が原因で顔が赤くなってしまうのでしょうか。
赤ら顔の原因には、幾つかのタイプがあるのですが、

原因(タイプ)によっては、スキンケアによって赤みを緩和できるので、
その方法をご紹介していきますね。

「生まれつき」顔が赤い人の対処方法

生まれながら、赤ら顔に悩んでいる女子たちがいます。
お肌が色白の方は生まれながら赤みを帯びていることが多いようです。

赤みの色は、ほんのりとした赤みであることが多く、
加齢と共に、自然に赤みが、徐々に薄くなっていくことがあります。

生まれながらの赤ら顔のタイプについては、
スキンケアで対策することは難しいケースが多いです。

「皮膚炎」により顔が赤くなっている場合の対処法

皮膚が炎症することで顔が赤くなる原因として、
「オイリー肌」であることが挙げられます。

「オイリー肌」であり、
「毛穴が大きい人」は、
より赤ら顔になる可能性が高いようです。

このタイプの赤ら顔は
「脂漏性性皮膚炎」による赤ら顔と呼ばれることが多いのですが、

対策としては
「ビタミンC配合」の化粧水を使ったり、
「ビタミンC」をイオン導入すること、
これらの対策方法を上げることができます。

「ビタミンC配合」の化粧水
「ビタミンC」のイオン導入

これらのスキンケアで、改善が進むことが多いようです。

関係のある記事をこちらに掲載しています。是非ご覧ください。

ニキビ跡の赤みが残り、赤ら顔になる場合の対象法

ニキビ跡が原因となる赤ら顔の場合には、
放っておいても、4~5年もすれば赤みが消えていくものです。

しかし、5年も待っていられない!という女子たちが多いはず。
その場合には、やはり、

対策としては
「ビタミンC配合」の化粧水を使ったり、
「ビタミンC」をイオン導入すること、
これらの対策方法を上げることができます。

「ビタミンC配合」の化粧水
「ビタミンC」のイオン導入

これらのスキンケアで、改善が進むことが多いようです。
わたしもこの方法で、赤みが改善しました。

関係のある記事をこちらに掲載しています。是非ご覧ください。

肌への刺激により赤ら顔になる場合の、対処方法

肌を強く叩かれたり、打ちつけられてしまったり、
強くこすりつけて摩擦が生じてしまったりした場合には、

毛細血管が開いてしまうことで、赤ら顔になることがあるのです。

この場合には、
「レーザー治療」による改善方法がよいと思います。

「レーザー治療」することにより、赤ら顔が解消されるのです。

小鼻の赤みが気になる場合の、対処法

小鼻の周りが赤くなっている、
ということで、気にしている女子たちがいます。

小鼻まわりの赤みはも皮膚炎の一種です。
先ほどの「脂漏性皮膚炎」の一種なのですね。

鼻周りの皮膚には、皮脂が多く分泌しているのですが、
これは多くの女子に見られる症状なのです。病気とかいうことではないでしょう。

鼻周りの赤みが気になってしまう女子たちには、

対策方法として
「ビタミンC配合」の化粧水を使ったり、
「ビタミンC」をイオン導入すること、
これらの対策方法をご紹介しています。

「ビタミンC配合」の化粧水
「ビタミンC」のイオン導入

これらのスキンケアで、小鼻の赤みが改善がすることが多いようですよ。
「あぶら取り紙」も併用して、こまめに皮脂を除去することも、効果的ですね。