⑥乳液とクリームの「選び方」と正しい「付け方」 | 幸せ女子力スキンケア

 

乳液とクリーム

乳液やクリームって、何でつかうのでしょうか?保湿がキチンと出来ていれば、乳液やクリームって要らないのではないでしょうか?
そんな疑問を持つ方がいます。

 

乳液とクリーム、
これらを使う目的は「油分」を補うという点にあります。

 

確かに、「30代の女子」は、皮脂の分泌量が充分ありますから、保湿さえきちんと出来てさえいれば油分を補う必要はありません。乳液とクリームは不要なのです。

 

しかし、「40代の女子」は、水分も油分も低下している状況にあります。
だから(セラミド配合型の)美容液を肌全体に付けて、その上から、特に乾燥しやすい口元・目元には、乳液やクリームを重ね塗りすることが必要になりそうです。

 

肌を柔らかく、なめらかにするために、適度な油分を補うことがあるですね。
例えば、革のバッグに油を塗ると表面がなめらかになるように、肌も同じことなのです。油分で補われた皮脂幕がなめらかになるのです。

乳液とクリームは、どちらを選ぶべき?

乳液,クリーム,選び方,付け方乳液とクリームって、両方使わないといけないの?という疑問を持つひともいますが、
両方使う必要がある、という訳ではありません。

両者の違いはいったい何でしょうか?
それは「水分」と「油分」の配合バランスが違うということなのです。

「水分」が多いのが「乳液」
「油分」が多いのが「クリーム」

目元や口元にポイントとして使用するのであれば、「油分」補給効果が高いクリームがおススメですね。

乳液の選び方は?

もしも「乳液」を使うのであれば、セラミドなどの保湿成分が配合された乳液をおススメします。
ただし、皮脂の分泌量が充分である「30代」の女子は、余分な油分を取り入れない方がいいですから、乳液を使う場合には、油分をあまり含んでいない商品をセレクトしてください。

「40代」の女子には、美容液と乳液の中間のテクスチャーで、保湿成分を多く含んでいる乳液もありますよ。

乳液の正しい付け方は?

乳液は最近のものは、水分の多いテクスチャーが多いです。
だから肌に馴染みやすいのが特徴。あまり力をいれて擦り込んだりせずに、優しく肌の上を滑らせるようにしましょう。

❶ 手のひらに、適量の乳液をとり、頬に広げる

乳液の説明書に記載されるとおりの量をてのひらにとって、
両手のひらに乳液をのばしてください。
頬から順番に広げて馴染ませていきます。

❷ 「目の周り」「口元」などにも、乳液を伸ばしていく

細かい部分にも丁寧に、乳液を伸ばします。
でも、テカリが気になる人は、Tゾーンに伸ばすことは控えめに。
額や小鼻などに塗るときには気を付けてください。

↓潤いの美肌を維持する「乳液」によるスキンケア

 

間違った乳液の付け方

① 強く擦ったり、擦り込むこと

そんなことをしなくても、優しく馴染ませることで、きちんと浸透するので心配いりません。
肌への摩擦は、角層を気づ付けてしまうので絶対にしてはいけません。

② テカリがちな部分にたっぷりと塗ること

皮脂分泌が多くてテカリがちな部位に、油分を多く塗ると、皮脂が詰まってしまいます。
ニキビの原因になるので、注意が必要です。

クリームの選び方は?

「油分補給」目的でクリームを使う場合には、敏感肌用のシンプルなタイプが良いですよ。
例えば、アトピー肌向けのものを探してみると、お手頃でよいものを選びやすいでしょう。
1000円~3000円のイメージです。
べた付くクリームが苦手な人向けに、ジェルタイプの軽いテクスチャーのクリームもありますが、これでは「油分補給」目的が達成できません。コクのあるクリームタイプを使いましょう。

「シワ対策効果」を狙う場合には、「レチノール」。レチノールはビタミンAの一種です。コラーゲンを増やす作用があります。目元用のシワ対策クリームにはレチノールが含まれていることが多いです。5000円~1万円のイメージです。

「シミ対策効果」「美白効果」を狙う場合には、「油溶性甘草エキス」。甘草という漢方薬から抽出されるエキスです。こちらも、5000円~1万円のイメージです。

クリームの正しい付け方は?

普段から自分の肌をよく観察していれば、どこに塗ればいいのかがわかるようになります。
皮脂分泌の少ない部分に塗るようにします。

20代30代の女子は「目元」「口元」だけに、
40代以降の女子は、「目元」「口元」にプラスして、「皮脂の足りない部分」に付けましょう。

❶「目元」「口元」にピンポイントで

薬指に、適量のクリームをとります。皮脂腺の少ない「目元」と「口元」に、優しく馴染ませていきます。
目元と口元以外の部分でも、皮脂分泌が少ない部分にも、馴染ませてください。

❷薬指でやさしくたたいて馴染ませる

皮脂腺の少ない「目元」と「口元」にだけ塗りたいのですから、
クリームが他の部分に広がらないように、薬指でトントンと叩くようにして馴染ませていきます。

間違ったクリームの付け方

① 強く擦ったり、擦り込むこと

擦る、擦り込むということは、肌への負担となります。
角層を傷つけてしまうので、絶対にしてはいけません。

② 多く付けすぎ

皮脂部分の少ない部位に、ピンポイントで付ければ十分です。
クリームなので、付けすぎるとテカリなどの原因となります。

シミ、そばかすに効く基礎化粧品!

スキンケアの重要性を実感して、真剣に美肌ケアに取り組む40代、
そろそろしっかり取り組まなきゃ!と思うアラサー世代。

自分に合った基礎化粧品を、色々と試してみるといいと思うんです。

試していく中で、自分にピッタリのアイテムが見つかっていくもの!
他人任せではいけません。

とはいっても、化粧品の値段は結構かかるもの
だから、評判が良い化粧品を、
安く購入することがポイントになりますね。

女子たちが幸せになるために、試してみる価値がある基礎化粧品をご紹介します。
コストパフォーマンスを含めて、評判が良いものはこちら。

■b.glenのお試しセット(色々ついて、7日分1800円で購入できます)

今まで、いろんな化粧品を使って、シミを薄くする努力をしてきたけれど、効果があらわれずに困っている。。 薄かったシミが、最近目立って...

■KOSE米肌のお試しセット(色々付いて、14日間分1500円で購入できます)

*この記事は2018年5月29日に更新しています。 肌がきれいになると評判のKOSE米肌(MAIHADA)ですが、美白に特化した澄...

 

 

関連記事

①化粧品の効果を理解して、正しいお手入れを! | 幸せ女子力スキンケア

④化粧水の「選び方」と正しい「付け方」 | 幸せ女子力スキンケア

⑤美容液の「選び方」と正しい「付け方」 | 幸せ女子力スキンケア

皮膚上の常在菌(善玉菌)の増やし方を教えてほしい女子たちへ | 素肌美人のスキン...

②クレンジング料の「選び方」と「正しい洗い方」 | 幸せ女子力スキンケア

③‐1 角栓や角質が気になったら「酵素洗顔」が効果的 | 素肌美人!幸せ女子力ス...