乾燥肌に潤いを

保湿対策には「セラミド配合化粧品」 | 幸せ女子力スキンケア

保湿対策をしたつもりになっている女子たち

スキンケアの要は、保湿です。

保湿がキチンとできていないと、肌の機能が低下してしまい、
「肌荒れ」が進み、
「老化」が進んでしまいます。

女子たちの肌を潤すためには、表面から水分を吸収させることでよしとするのではなく、
「肌が乾燥し難い」状態とするためのスキンケアが不可欠となるのです。

 

時折、「化粧水をつけてるから保湿対策」は大丈夫です、という女子がいます。
化粧水を肌につけると、確かに一時的には肌が潤うかのように感じるのですが、
時間がたつとすぐに乾燥してしまいます。

 

だから、ここでは、保湿のことをしっかりと学んで、スキンケアの方法もマスターして、潤いのある健やかな肌作りをしてこうと思うのです。
保湿力を高めるスキンケアをすること。保湿は女子力向上の要なのです。

保湿ってなんでしょう | 女子力スキンケアの基本

保湿とは、肌の水分含有率を、適切な状態に保つことです。
肌の湿気を保つこと。皆様もご承知ですよね。

そんなことは知っているよ、という女子もいるのですが今一度確認してみると、
保湿が正常に機能しているのは、肌の水分含有率が20~30%の状態です。

水分含有率 20%以下 =乾燥肌
20%~30%  =健康な肌

空気中の湿度が50%以下になると、角層の水分が蒸発しやすくなるので、乾燥肌となりやすくなります。

肌が突っ張るなどの感覚が生じているときには、すでに乾燥肌であり、
保湿 潤い水分含有率が「10%以下」という、超乾燥状態に陥っていることもあるのです。

 

肌を乾燥状態にはしないこと(*^^)v
すなわち、肌から水分がなくならないようにすること、
潤いを保つこと。それが「保湿のスキンケア」をする目的です。

 

確かに、女子の肌には、もともと防御本能が備わっており、水分を維持する仕組みが備わっていますが、お肌の水分維持機能は、年齢と共に。徐々に衰えてしまうので、保湿のスキンケアをすることで補って上げる必要があるのです。

保湿ケアで効き目があるのは「セラミド配合化粧品」

セラミドは、肌が新陳代謝する過程で作られるものであり、新陳代謝がもっとも活発な赤ちゃんはセラミドが作られる量は多いのです。セラミドは水分保持力に長けており、保湿を強力に維持してくれる優れモノです。
赤ちゃんは保湿対策がばっちりであり、乾燥肌の心配はほぼないのだ、ということですね。

 

しかし悲しいことながら、セラミドは年齢とともに減ってしまいます。セラミドを作り出す力も落ちて行くのです。
加齢とともに、肌内に存在しているセラミドの量も減少していくので、角層の水分もどんどんと減っていくのです。だからこそ、スキンケアが大事になるのですね。

 

 

なお、セラミドは「コルステロール」のようなものから作られているところ、
「じゃあ、コルステロールを食べれば、セラミドを取り入れることができるのでは?」という考えが浮かぶ女子も居そうです。
しかし、コルステロールを食べてもセラミドを作り出すことはできません。

じゃあ、セラミド自体を食べればいいのではないか?!とも考えてしまいそうですが、
皮膚科医の先生にお聞きしたところ、セラミド自体を食べても、体内のセラミドを増やすことはできないとのお答えでした。

 

そんな状態のスキンケアが必要である女子たちのために開発された化粧品が「セラミド配合の化粧品」です。セラミド配合化粧品を使ってスキンケアをすれば、肌水分の含有量を増やすことができます。

セラミドを確実に増やすことができて、肌が潤うのですから、願ったり叶ったりですよね。保湿の美肌を維持して、乾燥肌を防ぐためには、「セラミド配合化粧品」が最適であること、

保湿ケアで効き目があるのは「セラミド配合化粧品」だということを、覚えておきましょう。

 

↓保湿効果を高めるスキンケアのお話し | 女子力スキンケア

 

「セラミド配合化粧品」の選び方

セラミドは「美容液」や「乳液」に配合されています。
セラミドは水溶性物質ではないので、水溶液には配合されないのです。

 

セラミド配合の化粧品(美容液、乳液)を選ぶときには、そのセラミドが自分の肌に近いタイプかどうか?ということに気を付けることが必要です。

人肌に近いタイプであれば、保水力に優れているのです。

 

女子力を上げる意識が高い「皮膚科の先生」に聞いたところ、どうやら人の肌には、6種類ほどのセラミドがあるということが判明しているようでして、この6種類のセラミドが配合されている化粧品(美容液、乳液)をセレクトしたいものです。

 

6種類のセラミドのうちでも、「セラミド1・2・3」
このいずれかのセラミドが入っている化粧品を選ぶことが、女子力向上のスキンケアのために、もっとも効果的であると確認しました。

 

 

植物由来のセラミドが入っている化粧品も見かけます。セラミド
肌に優しいイメージがあり、これもよいかと思いますが、判断する際には「セラミド1・2・3」が入っている化粧品を選ぶこととなりますね。

 

だから、保湿効果を求めてスキンケアをするべく、化粧品(美容液、乳液)を選ぶときには、全成分の表示を確認することが大事です。
保湿効果を期待できる化粧品の値段の目安は3000円以上のような感覚をもっています。
☞ おススメの化粧品はこちらです。
【KOSE PROVISION】コーセープロビジョン
セラミド入りの化粧品を買うときには、安いものを買ってしまうと、
たとえ「セラミド1・2・3」が入っていたとしても、量が僅かしか入っていないことがあるので要注意なのです。

 

セラミド配合の「美容液」や「乳液」で保湿効果を高めることは、女子力を向上させるためのスキンケアの基本なのです。

 

しっかりと女子力をマネジメントしていきましょうね。