【両足のすね毛】ひとり脱毛、応援します→家庭用脱毛器ケノンがオススメ!口コミ・効果

34歳主婦

34歳主婦
大阪府在住です。両足のすね毛を脱毛しました!

私は中学生のころから、自分で剃刀を使用して「足のすね」部分のむだ毛処理をしていました。自分で剃っているうちに、だんだんとむだ毛が太くなり、剃刀では対応しきれなくなりました。

毛抜きでムダ毛を抜くようになったのですが、次第に、肌をえぐってむだ毛を抜くようになってしまった為に、肌が最終的にボロボロになりました。

こんな私がスネのムダ毛処理に成功したお話です。

脱毛のきっかけ・動機

普段は、長ズボンを履いているのですが、大人になって会社の制服でスカートを履かないといけないことになったのです。冬は、黒いタイツでごまかすことが出来ます。

でも冬以外の季節は、自分の足のすね部分が丸出しになってしまいます。他人からも見られますし、なにより自分自身が、毎日汚い肌を見ないといけないのが苦痛だったのです。

やっぱり自分で脱毛をしていてはダメだなと。ちゃんとした方法でムダ毛処理をしようと思ったのが、脱毛のきっかけです。

両足のすね毛脱毛⇒悩んでいたこと

私は両足のすね部分を脱毛しました。毎日、じぶんで剃刀や毛抜きで処理をしてきたので、どんどんとむだ毛が濃くなり、眉毛くらいの濃さになってしまいました。

まるで男性の足のようになってしまいました。母親に、自分の足のすねを一度見せると、「うわ!濃いむだ毛生えてる!」と驚かれたのもショックでした。

電車に乗っていても、いつも、他の人の足のすね部分を見てしまい、「何で皆こんなに綺麗な足をしているのだろうかと不思議に思いました。

剃刀で剃っても、黒ゴマみたいな点が残ります。毛抜きで抜きたくても、埋もれ毛が増えてきました。埋もれ毛が見えているのに抜けないというじれったさから、肌をえぐって無理やり抜くということを繰り返していたので、

むだ毛は生えていないのに、肌が色素沈着を起こして黒ずんでいたり、赤く腫れてしまったりしてとても汚い肌でした

恥ずかしくて、人には見せれないですし、人に相談をすることも出来ず、どうしたらいいのだろうか、いつまでこの汚い肌と一緒に暮らしていかないといけないのか、で悩んでいました。

使ってみたのは家庭用脱毛器

私は家庭用脱毛機をしようすることにしました。脱毛サロンでの脱毛も考えたのですが、どうしても、自分の汚い肌を人に見せることに抵抗があって。

自分の力で何とかしたいと考えたのです。家庭用脱毛機も、種類がたくさんあるので、ネット上でいろいろと口コミを比較してみました。

ネットでも注文が出来るという商品を見つけて、たくさんの人の使用後の感想が書かれていて、効果を感じられると思ったので、その家庭用脱毛器を買ってみることにしました。

平日は、仕事で疲れてしまい、家庭用脱毛機を使う気持ちにはなれなかったので、仕事が休みの日に使用していました。

出来るだけ、肌が綺麗な状態のほうが良いと思い、お風呂の入った後に、クリームで足のすね部分を潤して、その後、脱毛機を使用する部分を氷でしっかりと冷やし、痛みを感じないようにして、それから家庭用脱毛機を使用しました。

一度使用すると、1ヶ月以上は使わなくていいので、家庭用脱毛機の光の当て漏れが無いように、一箇所ずつしっかりと使用していきました。特に、足のすねの表側は見えているのでやりやすいのですが、足のすねの裏側というのが、意外と盲点なので、ここも脱毛し漏れがないように、しっかりと確認しました。

口コミ:家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器は、自分で出来るという手軽さが本当に良かったです。

脱毛サロンに通っていれば、予約を取って、店舗に行って、自分の汚い肌を見られるというプレッシャーを感じなければいけませんでしたが、自宅で手軽に出来る家庭用脱毛機なので、自分の予定に合わせて脱毛を行うことが出来ます。

だんだんと、むだ毛が薄くなってきているのを実感できると、自分で出来たという達成感もあり、肌を触るのが好きになってきました。

料金的にも、脱毛サロンに通うよりもお安く出来ているという点が、経済的にもとても助かって良かったと思っています。

口コミ:家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器の悪かった点としては、部屋が焦げ臭い臭いがすることです。家庭用脱毛機を使うと、自分のむだ毛がこげた臭いが充満してしまいます。

自分だけの部屋でむだ毛処理をして、家族には気がつかれないように注意していました。部屋を開けてみると、ほかの部屋にも臭いが行ってしまいそうで。

むだ毛処理をしていることは、家族にも内緒にしたかったので匂いには注意していました。

家庭用脱毛器ケノンがオススメ

脱毛器ケノンはヘッドが交換できるというところが、一番の魅力だと思います。私は、ヘッド部分を交換して、脱毛機として使ってみたり、美顔機として使ってみたりと、一台購入するだけでいろいろな楽しみ方をしています。

私の一番のお勧め方法は、お風呂上りに使うことです。普段は、汗をかいてしまったりして、肌が汚れている可能性があるので、一番、清潔な状態で使用するのがいいのかなと思っています。

お風呂に入っているときに、どこが一番むだ毛が生えているかというのも、チェックできます。一度脱毛器を使用すると、使用してから2週間後くらいに、むだ毛が自然とポロポロ抜け出します。

次にむだ毛が生えてきたタイミングで脱毛機を使えば、どんどんとむだ毛を細くすることが出来ます。ヘッド部分が変えられるので、だんだんと威力が弱まってきた場合は、上の部分だけ取り外し、また新しいものをつければ、問題なく使用できます。

一台購入すれば、一生使えるというところがとても魅力です。

脱毛器ケノンの使用上の注意点

脱毛器ケノンを使用するときには、しっかりと、使用箇所を冷やすことです。これが注意点です。冷やすことが面倒くさかったり、少ししか脱毛しないから、冷やさなくても良いかなと思ったり。

冷やさないで使用すると、意外と痛みが走ります。むだ毛が細い部分ならそれほど気になりませんが、皮膚が薄い部分や、むだ毛が濃い部分を冷やさずに使用してしまうと、痛みが走るだけではなく、肌にも良くありません。

脱毛器ケノンの説明書にある使用上の注意をよく読んで、その通りに使うことが、一番、大切なことです。

家庭用脱毛器ケノンがオススメできる理由

脱毛器ケノンは、家庭に一台あれば、自分の気になるむだ毛をいつでも、どこでも、どの場所でも脱毛することが出来ます。

腕、足、脇、顔、Vラインなど、体の中でむだ毛が気になるところはたくさんあります。そんなときに、一箇所ずつ、むだ毛処理をしていくのではなく、気になる箇所を気になるときに、少しずつむだ毛処理をしていければ、体全体のむだ毛が無くなっていきます。

一度使用しただけでむだ毛が完全に生えてこないということはありませんが、数回使うだけで、確実に効果を感じることが出来ます。

むだ毛が細くなってくると、ケノンの光の強さを調節できるので、少し緩めていったりという調整も可能なところがとても良いところです。

私自身、ケノンを使用して、それまで剛毛だった足のすねのむだ毛が今ではほぼ無くなり、人前で足のすねを出せるようになりましたし、今では「足ツルツルだね」といってもらえるほどに、肌の質が変化しました。こんなに変わるなら、もっと早くに買っておけば良かったと思います。

家庭用脱毛器ケノンの詳細はこちらから≫

脱毛の悩みが解消した喜び

昔は、可愛い洋服があっても「これは、むだ毛が見えないだろうか」なんてことばかりを気にしていました。

今は、自分の好きな洋服を、むだ毛のことを気にせず選べるようになり、外出することも楽しくなりました。むだ毛のあるなしで、こんなにも、人生が変わるんだと驚いています。

むだ毛で悩んでいる方がいれば、人生が変わるので、ぜひとも、脱毛をして、楽しい人生を送って欲しいなと思います。

 

美顔器