家庭用脱毛器

【ヒゲ・すね毛】ひとり脱毛、応援します!→家庭用脱毛器ケノンとトリア、オススメは?&口コミ・効果

巧
僕のヒゲ脱毛と、スネ脱毛の話です。

和歌山県に住んでいる会社員です。男性の脱毛処理のお話ですが、女性にも参考になると思います。

よろしければ読んでください!

脱毛のきっかけ・動機

僕が脱毛を始めたきっかけは二点あります。

一つ目は昔からの「ヒゲコンプレクス」です。私のヒゲが濃くなりだしたのは20代前半からです。顔は色白なのでヒゲは似合わず、剃ってもアオヒゲとなり、とても老けてみられるようになりました。20代前半のなのに30代前半と勘違いされるほどです。T字カミソリで工夫をして剃れば少しマシですが、その為にはかなり時間を要します。

しかも肌への負担も大きく、肌はボロボロに。それに毎日T字カミソリで剃ってると出血したりもします。ずっとなんとかしたいと思ってましたが、若い頃はヒゲ脱毛に200万ぐらいの費用がかかったので断念してました。ところが最近の脱毛費用はかなり安くなっており、脱毛をしてみました。

二つ目は「会社同僚女性の一声」です。会社の同僚女性が、男でもスネ毛が生えてるのはあかんという話をしてくれました。私はそこそこスネ毛があったので、女性も男性のムダ毛を気にするんだと気づきました。ヒゲの件もありましたし、この女性の一声が脱毛への第一歩を踏み出させてくれました。

脱毛の部位・脱毛にあたり悩んでいたこと

私が脱毛したのは「ヒゲ」と「スネ」です。若い頃からヒゲコンプレックスが強かったので、最優先で脱毛しました。ヒゲは年々濃くなりますし、30前後の頃はヒゲを毛抜きで抜いたこともありました。自分で言うのもなんですが、ヒゲを毛抜きで全部抜くとかなりのイケメンになるんですよね。

毛抜きでヒゲ脱毛していた頃、交際してる女性は10代とかでした。ヒゲ無しだと、30歳を過ぎてる中年のオッサンなのに10代の若い女性から逆ナンされることもありました。しかしヒゲがあると、全然もてません。女性からの対応が全然違いますのでヒゲ脱毛をしました。産毛が生えている女性を見ると「うっ」と男性が感じるのと同じ感覚なのでしょう。

スネはヒゲのような特別なコンプレックスはありませんでした。普段はズボンを履いてるので露出しませんし、周囲にバレしませんから。しかし会社同僚女性の話を聞いてから、気になりだしたんですよね。男性のムダ毛に嫌悪感を抱いてる女性は多いのではないかと。実際ムダ毛ってデリケートな問題ですし、彼女は私に気を使って何も言わないだけかもしれません。だからヒゲもスネ毛もこの際脱毛してしまおうと決意しました。

使用してみた家庭用脱毛器はトリア

私が脱毛手段に選んだのは、家庭用脱毛器でのセルフ脱毛です。本来なら男性専門の医療クリニックでレーザー脱毛を受けたかったんですが。近場にそういう施設がなく、家庭用脱毛器で脱毛する方法を取りました。

購入したのは、家庭用脱毛器トリアでした。トリアを購入した理由は、レーザー脱毛出来る唯一の家庭用脱毛器だからです。他にも色々な家庭用脱毛器はありますが、どれもフラッシュ脱毛なんです。フラッシュ脱毛は出力が弱いですし、フラッシュ脱毛はどちらかというと毛の薄い女性向きの脱毛方法です。

私は男性ですし、脱毛したい部位はヒゲとスネ。どちらも濃くて太い毛です。となるとフラッシュ脱毛での脱毛は無理ですし、トリアにしました。

トリア脱毛で意識したのは、施術時の痛み対策と施術後のケアです。トリアはパワーが強く、脱毛効果は家庭用脱毛器NO1と称されるほどです。しかしパワーが強すぎて施術時の痛みも最強クラス。そしてスネならともかく、ヒゲはすごく痛みに敏感な部分なんですよね。しかもヒゲは体毛中で一番脱毛しずらい部分ですから、トリアの出力はMAXlv5でするしかありません。ものすごい痛みで脱毛は苦戦しましたし、そのハイパワー故に施術後には肌トラブルを起こしました。痛みには麻酔クリームの塗布と保冷剤、施術後のケアには保冷剤と保湿ローションで対策し、トリアでの脱毛を続けました。

口コミ:脱毛器トリアのよかった点

脱毛手段でよかったのは、体毛中最も脱毛しにくいヒゲですら脱毛出来た点です。もともとヒゲは医療クリニックの医療用レーザーですら、脱毛には苦戦するほどです。そんなヒゲを家庭用脱毛器で脱毛出来るのか、すごく不安でした。

しかし施術中の痛みや施術後の肌トラブルにも耐え、脱毛を続行しました。その結果、ヒゲはだんだんと薄くなりました。2回目には鼻下中央部付近のヒゲが薄くなりだしました。3回目にはアゴ下のフェイスライン部分のヒゲは薄く鳴り出しました。薄くなってくると、このままトリアを使い続ければヒゲのないスッキリした顔になるのでは?と強く感じてさらに頑張れました。

現在5回目を終えたところで、完全にヒゲはなくなっていません。しかしトリア使用前とは別人のようになれているので、効果に満足しています。スネ毛は脱毛初回から効果がありました。ヒゲほど痛みは強くなく、麻酔クリームなしでも保冷剤を使えば十分痛みに耐えられました。あと、顔と違って足の肌って刺激強いのもあるんでしょう。ヒゲのように施術後に肌トラブルは起きませんし、順調にスネ毛は減ってます。

口コミ:悪かった点

悪かった点は、トリアの脱毛速度の遅さです。レーザー照射の再使用時間は短めです。しかし一度の照射面積は1平方cmしかないので、広範囲を施術するには何百回も使わないといけません。ヒゲだと脱毛する面積は狭いのであまり気になりませんでした。

しかしスネだと面積はすごく広いですし、片足だけでも1時間以上はかかります。片足だけでバッテリーを使い切りますし、充電する手間と脱毛にかかる時間を考慮すると、スネは二日にわけて脱毛しないといけないのが面倒でした。脱毛効果は高くとも手間が大変、これがトリアの印象ですね。

オススメは脱毛器ケノン→良い理由・効果

そこでオススメするのが脱毛器ケノンです。脱毛器ケノンの良い点は、カートリッジが豊富にある所だと思います。ヒゲ等の濃い毛対策にもストロングカートリッジを用意されています。これでヒゲ脱毛出来るのですごく便利だと思います。

何しろストロングカートリッジの照射面積はトリアに比べると相当広いですからね。それにバッテリーではなくコンセントから電源を取るので、施術中にバッテリー切れで使用不能なんて事態にも陥りません。

特にスネ毛脱毛に関して、ものすごく良いと思います。スネ毛ならプレミアムカートリッジやラージカットリッジのパワーでも脱毛出来ますし、照射面積はすごく広いので脱毛速度も相当速くなると思います。

トリアだと片足で1日かかったので、両足施術し終えるのに二日かかりました。しかしケノンだと両足でもすぐ終わりそうです。痛みも大して強くないようですし、ストレスなく脱毛したい方にお勧め出来ると思います。

特に男性よりも女性にオススメしたいのが脱毛器ケノンです。

脱毛器ケノンの使用上の注意点

脱毛器ケノンの使用上の注意点は、ストロングカートリッジはパワーが強く、痛みも結構強いとのことなので、施術中の痛みと施術後の肌ケアを意識しないといけないことですね。

脱毛器ケノンがオススメできる理由

家庭用脱毛器でセルフ脱毛する場合、一番のネックとなるのが手間です。何度も照射しないといけないので施術に時間かかりますし、一回では効果が出ません。何回も脱毛しないといけません。

要するに脱毛に手間のかかる脱毛器だと、途中で心が折れてしまうんです。しかしケノンなら照射面積は家庭用脱毛器の中で最高の広さです。エキストララージカートリッジならスネだって楽々脱毛できてしまいます。それに痛みも弱いのがいいです。

いくら効果が高くとも、痛みがあると脱毛したいという意欲も薄れていきますからね。私のように相当強いコンプレックスがあれば痛みに耐えられるでしょうが、気軽に脱毛したいな程度ではおそらく挫折します。

家庭用脱毛器ケノンの傷みは強くなく、照射面積は広い、さらに再使用時間もあまりかからないのでバンバン脱毛出来るんですよね。家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛でネックになる点をケノンならカバー出来るので、強くお勧めします。

家庭用脱毛器ケノンの詳細はこちらから≫

脱毛の悩みが解消できた喜び

私は家庭用脱毛器によるセルフ脱毛ですので、残念ながら完全には脱毛できてません、実際現在脱毛は継続中です。しかし脱毛を繰り返す毎に毛が薄くなっていくのはとても喜ばしいですね。特にヒゲが薄くなると、毎朝のヒゲ剃りは楽になります。以前と同じようにT字カミソリでそってもスーっと剃れるんです。

スーッと剃れるので何度も肌を往復させる必要もありませんし、肌もいためにくいんです。結果、肌はキレイですし、ひげも薄くなってかなりいい感じに仕上がってます。脱毛して良かったなと本当に感じますね。

 

美顔器