【足・腕・腋】ひとり脱毛、応援します!→家庭用脱毛器ケノンとシルク・エキスパート、オススメは?&口コミ・効果

29歳

29歳
愛知県在住の千佳。会社員です。

わたしはもともと脱毛をしないで、レディシェーバーで剃毛していました。元々そこまで毛深いタイプではなかったのですが「うぶ毛」も含めて気になって手入れしたところ、腕と足を剃毛してから段々と毛が太く濃くなってきてしまいました。だから剃らないわけにはいかないため剃毛を続けていました。

脱毛のきっかけ・動機

でも私は肌が弱くて、剃毛するたびに肌荒れしたり汗で痒くなったり、毛が伸びてくる段階でチクチクしたりするため、剃毛をやめて脱毛に変えたらどうなるだろうと思ったのです。だから脱毛を試してみることにしました。

 

剃毛よりもお手入れの頻度が少なくて済むという話も聞いていたので「脱毛サロン」や「エステ」「ホームケア」等のどれが自分に合っているか、続けやすいかを自分でいろいろ調べてから始めることにしました。

足・腕・腋を脱毛することに

私は「足・腕・腋」を脱毛してみました。「足と腕」に関しては肌が弱いので剃毛すると肌荒れしたり、伸びかけの毛のチクチクが気になってしまい、剃毛でのお手入れに限界を感じていました。

人目に触れる「足と腕」は、頻繁に手入れしないといけない箇所ですが、肌荒れした場合痒くなってかさぶたになってしまうという悪循環が続くこともあるので、お手入れできない時もありとても悩んでいました。

「腋」は暑い時期に毛があると蒸れてニオイが気になりますし、剃毛した場合の伸びかけのチクチク感が嫌です。剃毛が嫌で毛抜きを使ったりすると今度は黒ずみの原因になるので、お手入れの方法が限られてきました。結局剃毛をするしかないというジレンマに陥っていたのです。

さらに「腋」はなるべくなら他人に見せたくない箇所です。薄着の季節に向けて必ずケアしないといけない箇所ですので、なるべく手軽にムダ毛ケアできる方法でないと結局続かなくなってしまう危険性もあり、剃毛以外の選択肢を選びにくかったという悩みも感じていました。

使用してみた脱毛器は「シルク・エキスパート」

サロンやエステに通うことは、私生活や仕事の都合上続かないと感じたため、ホームケアできる「脱毛器」を購入し、脱毛を始めてみました。ホームケアなら自分の肌の調子やペースに合わせて使用できますし、いわゆる「ながらケア」ができるのが強みだと考えたからです。

「サロン」は他人に見せたくない部分を脱毛する場合恥ずかしいので選びませんでした。脱毛器にも種類があり、単純な「電動毛抜き」のようなものは結局肌荒れする可能性があるため選択肢から外しました。

結局ブラウンから発売されている「シルク・エキスパート」という商品を購入し、自宅で脱毛をしてみました。脱毛までにはいくつかやることがあります。

まず長い毛がある場合には「脱毛器」が使用できないため、最初に一度剃毛をして長さを整えます。その後、脱毛したい部位への脱毛器の光照射を『最初の1か月』は1週に1回、その後は照射後のお肌の調子に合わせて行っていきました。

照射してもすぐに脱毛できるわけではないため、気長に照射する必要があります。最初の1か月は目に見えて効果がわかるわけではありませんが、続けてやっていくうちに段々と毛が目立たなくなってきますので、忘れず続けていくことが大事です。現在最終的に月1回くらいの頻度でお手入れをしています。

口コミ:「シルク・エキスパート」の良かった点

「シルク・エキスパート」は取り扱いが難しくなく、脱毛器を電源に繋いで肌にあて、光を照射していくだけで結構簡単にお手入れできます。サロン等に通うことがなく、初期投資(購入)のみで始められ、自分のペースで処理を行えますし、本当にテレビを見たりしながらで問題ないです。ほぼ全身に使用できますので、足・腕・腋などポピュラーな部分はもちろん背中の産毛等にも使用できます。

口コミ:「シルク・エキスパート」の悪かった点

でも「シルク・エキスパート」は、反対に気になる点もいくつかありました。最初に脱毛したい箇所の毛を、あらかじめ短い状態にしないといけないため、一度は剃毛が必要ですので人によっては面倒に感じるかもしれません。

照射範囲は決して狭くはないですが、思っていたより時間がかかります。照射する光の強さを自動調節するため、肌の色によっては常に最大出力になってしまい、肌が熱い・痛い場合があります。

その場合はやわらかフラッシュモードで手入れしないといけないため、自動調節のメリットを生かしづらいです。肌の色が色白・色黒で極端な方は注意が必要です。フラッシュがかなり目にきつく感じますが、眩しいと感じる場合はサングラスをかける・目を逸らす等の自己防衛をしないといけません。目の周囲には使用できませんので、眉毛の脱毛を考えている場合はおすすめできません。わt

 オススメは脱毛器ケノン→良い理由・効果

結局のところ、私がオススメできるのは「脱毛器ケノン」です。

ケノンは照射範囲が広く、腕や足等の広い範囲を時間をかけずに脱毛できる点が良いのです。時間がかかればかかるほど照射した部分が熱いですし、肌への負担も気になるため、手入れする時間が短時間で済めばそれに越したことはないです。

「シルク・エキスパート」は、お手入れ時に照射する光がかなり眩しいように感じましたが、「ケノン」の場合はセット内にゴーグルがついてくるため眩しさ対策もバッチリです。「ケノン」は目にも負担がかからないようにセット内容で配慮されているのは助かります。

「ケノン」は目の周囲に使用もでき、眉毛用オプションが一緒についてきます。眉毛の脱毛ができる脱毛器は多くありませんので嬉しいです。カートリッジの種類を変えることで男性のヒゲや太い毛にも対応できますし、美顔器カートリッジを使用すれば光美顔器としても使用可能ですので、脱毛以外の用途でも使える多機能さです。男女を選ばず簡単に使用できますので、家族で用途に合わせてカートリッジを変えて使うのがベストです。

脱毛器ケノンの使用上の注意点

脱毛器ケノンは、自分の肌の色に合わせてカートリッジの種類を選んで脱毛する必要があります。肌の色が黒い部分は熱くなりやすいので、一緒に入っている保冷パックで適度にクーリング(冷やす)しながら使用しないと肌に負担がかかります。

ホクロには光を当ててはいけないので、ホクロを避けて使用する必要があります。ケノンは照射範囲が広めのため、カートリッジの種類によっては脱毛したい部分への当て方を工夫し、注意しながら照射しなければいけません。

脱毛器ケノンがオススメできる理由

サロンに通う必要もなく、自宅で手軽に脱毛できることが、脱毛器を使うメリットです。ケノンの場合には照射範囲が広いので、時間をかけずお手入れできるので、お手入れ時間やお肌への負担が気になる方も安心です。

カートリッジの種類が豊富ですので、それぞれを使い分ければ毛が太い等の悩みがある方でもしっかり使用できます。美顔器カートリッジを使えば脱毛器が光美顔器になり、脱毛以外の用途にも使用可能です。

美顔器が気になっている方にもおすすめです。目の周囲には使用できない脱毛器が多い中、眉毛脱毛のできるオプションがあるのは他の脱毛器にない強みだと思います。

どんな用途で使うかまだわからないから迷っている、どの脱毛器がいいかわからないといった方は、大抵の場所の脱毛に対応できますので、迷ったらケノンを選んでみてはいかがでしょうか。いろいろ一気に揃って、何かが足りないと困ることもありません。男女を選ばないため、カートリッジを増やして家族みんなで使用もおすすめです。

家庭用脱毛器ケノンの詳細はこちらから≫

脱毛の悩みが解消できた喜び

脱毛器ケノンで一人脱毛すれば、サロン等に通う必要もないので継続的にかかる高額出費が抑えられるし、時間的な余裕ができて自分のペースでケアできますのでとても良いです。

剃毛していた時に比べてみても、お手入れの頻度が減りましたし、肌への負担が段違いに少ないため、今まであった肌荒れの心配もなくなりました。伸びかけのチクチク感が特に気になっていたので、それがなくなるだけでかなり気が楽です。薄着の季節に向けて毎年準備するのが億劫でしたが、これからもケノンをしっかり使い続けて脱毛後の良い状態を維持していきたいです。

女性ユーザー300×250