肌が老化する原因別の対処法 | 女子力向上!美肌を保つスキンケア 

若々しい肌を保つために

誰もが避けることが出来ない現象があります。
「老化」現象です。

生まれた瞬間から、人間は老化に向かって突き進んでいるともいえるのです。
でも、
同じ年月を重ねて、加齢が進行しているヒトでも、実年齢より若く見える人がいれば、老けて見える人がいることは確かですね。
同年齢なのに、年齢よりも若く見えるということは、

「素肌年齢」が若いことを指すのですが、では、若々しい美肌を保つ秘訣はどこにあるのでしょうか?

美肌を保つ秘訣

素肌の老化現象を防ぐためには、老化の原因を回避するか、原因に応じた適切なスキンケアを行うことが必要となるのです。
肌が老化する原因としては、
「❶ 紫外線(UV)」
「❷ 酸化」
「❸ 糖化」
の3つが考えられるのです。

原因❶ 肌老化を加速させる「紫外線(UV)」

皮膚科の先生や、美容家の方の中には、
肌老化の原因の80%は「紫外線(UV)」である、という人が居るほどに、
紫外線は、「美肌の敵」です。

紫外線による肌への弊害は大きく、
「シミ」
「シワ」
「たるみ」
「乾燥肌」
という、多くの肌トラブルが生じる原因となるのです。

紫外線にも種類が3つあります。
① A波(UV-A)
② B波(UV-B)
③ C波(UV-C)
という3つに分類することが出来るのです。

紫外線のうち、素肌にダメージを与えるのは、A派とB派です。
C派は、大気中のオゾン層により吸収されてしまい、地表まで降り注がないので、肌ダメージは与えないと言われているのです(もっとも、温暖化によりオゾン層が破壊されている状況では、このC派も気になりますよね。)

ともかく、
A派とB派は、確実に地表まで降り注いでしまい、肌へのダメージを与えてしまうので対策が必要ですよね。

紫外線A派に至っては、
波長が長いために表皮のみならず、肌内の真皮にまで届いてしまいます。

弾力性を保ってくれるコラーゲンや、エラスチンに悪影響を与えてしまうため、
「シワ」や「たるみ」の原因となるのです。光老化と言われている現象ですね。

A派は、太陽から降り注いでいる紫外線の9割を占めています。
窓やカーテンをも突き抜けてしまう強力さを持ちます。

既に発生しているメラニン色素を酸化させて、肌色を黒くしてしまうのです。

紫外線B派においては、
表皮にあるメラノサイトを刺激して、シミの元となるメラニン色素の生成を促します。
B派を浴びると「シミ」の原因となるのですね。

表皮細胞やDNAをも傷つけてしまうのです。

B派を浴びると、たとえ短時分であっても、肌を炎症させてしまい肌が赤くなります(数日後に黒くなります)。

紫外線が怖いのは、
紫外線を浴びた本人が、気付いていないところで、ダメージが蓄積していくことです。

紫外線を浴びてから、5年後10年後に、突然、
「シミ」
「シワ」
「たるみ」
として、出現するのです。

本人にとっては、突然の出来事であり、衝撃的な事態ですよね。
紫外線による悲劇を起こさない為にも、徹底した紫外線対策を、日常から行うことが重要になるのです。

原因❷ 肌は「酸化」で老化する

リンゴの皮をむいた時をイメージしてください。
皮を剥いたリンゴは、時間と共に茶色くなっていきますよね。
これは「酸化(錆びる現象)」が原因なのです。

この酸化(錆びる現象)は、肌の内部でも起きています。

この「酸化」を引き起こすものは何かと言うと、
「活性酸素」なのですが、活性酸素は、呼吸しているだけでも発生します。

そして、さらに、
「激しい運動」「ストレス」「喫煙」「紫外線(UV)」[空気汚染]
によっても、多くの活性酸素が生み出されるのです。

では、肌が酸化するとどうなるのでしょうか?
「リンゴの場合は茶色くなるし」
「自転車の場合には錆びてしまいます」

人間の肌の場合、酸化するとどうなるのでしょうか?
何だか怖いですよね。

実は、肌が錆びると、
活性酸素は、素肌を構成している「タンパク質」や「DNA」を傷つけてしまいます。

その結果、肌はその働きが阻害されてしまうので、
「シミ」
「乾燥肌」
「くすみ」
「たるみ」

といった、肌トラブルが発生するのです。
つまり、肌の老化が進んでいくということですね。

この酸化による肌老化現象を防止するために、
素肌内部には、活性酸素を除去してくれる「抗酸化物質」が存在してはいるのですが、

抗酸化物質も、年齢を重ねるにつれて、抗酸化力が弱まっていきます。
加齢とともに、肌は酸化しやすくなってしまうのですね。

だから、肌の酸化(肌のサビ)を防止するためには、
自分でも工夫し努力しなくてはいけないのです。

肌の酸化を防止するには、抗酸化物質を多く含んでいる食べ物を摂取するように心がけるといいでしょう。
「ビタミンA」
「ビタミンC」
「ビタミンE」

といった、抗酸化物質を多く含んでいる食べ物を食べるようにするのです。
意識的に、確実に摂取するには「サプリメント」で摂取することがより確実ですよね。

抗酸化成分が多く配合されている化粧品を使うことも、効果的です。
エイジングケアの効果があると表示している化粧品には、抗酸化成分が多く含まれることが多いので、おススメですよ。

原因❸ 肌は「糖化」で、素肌の弾力性が低下する!

「酸化」とは、肌が錆びることを指しましたが、
「糖化」とは、何を指すのでしょうか?

大雑把に言うとすると、
「酸化」とは、肌が焦げることを言います(肌が黄ばむとも表現されます)

「糖化」とは、
「タンパク質」と「糖(グルコース)」が結合し、固くなり、
AGEs(最終糖化産物)という物質になることを言います。

肌の弾力性を司っているのものは、
「コラーゲン」と
「エラスチン」であり、
これらは、『タンパク質』です。

だから、
「コラーゲン」や「エラスチン」に、
糖が結びついてしまうと、
肌が固くなってしまい、肌のハリや、弾力性が失われてしまうのです。
「シワ」や「たるみ」が引き起こされる原因となるのですね。

AGEs(最終糖化産物)という物質は、分解されにくいので、
一度できてしまうと、肌に蓄積されていきます。

年々蓄積されていくので、新陳代謝(ターンオーバー)を妨げてしまい、
シミができることを誘因してしまいます。
糖化も、素肌の老化を促進してしまうので、肌トラブルを招いてしまうのですね。
この点は「紫外線」によるものと、「酸化」によるものと同じですね。

AGEs(最終糖化産物)は、蓄積が進むと、肌が「黄色」く見えます。
くすんで見えるのですね。

さらに、困ったことがあります。
糖化により、肌内のタンパク質(コラーゲン、エラスチン)が劣化してしまうと、

酸化に対抗する「抗酸化酵素」の抗酸化力が弱まってしまいます。
糖化は、酸化をも促進してしまうのです。

では、「糖化」を防止するにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、
「炭水化物」や
「糖分」
の摂取を控えることです。

また、糖化ケア成分が配合されている化粧品を利用することも、効果的ですので、
スキンケアに取り入れることもいいでしょう。

今までの悩みが嘘のように消えた!寝ている間に効く「そばかす専用クリーム」できました。

もうそばかすで悩まないために。

ようやくそばかす専用のクリームができました。

紫外線が1番強いこの時期に助かるアイテム。

イヤ〜なそばかす。 化粧をするたびに「なければいいのに」と思いませんか。 人からの目線も気になっちゃいますよね。 気にしないよ...

関連記事

エイジングケアには「日焼け止め」がいいって本当? | 素肌を綺麗なままに