エイジングケアには「日焼け止め」がいいって本当? | 素肌を綺麗なままに

素肌のエイジングケア

肌の老化(エイジング)とは何ですか? | 美肌を維持する潤いスキンケア

エイジングって何だろう?
エイジングケアってなんでするの?

そんな疑問を持つ女性たちも多いはず。

エイジングケアとは、結局
肌の老化を防ぐためのスキンケアをいうのですが、

若い女子たちや、
オトナ女子たちの中にも、
「わたしには関係ない」と思う人たちが多いのです。

エイジングケアって、なんだか高齢の人に関係がある、そんな感覚があるのでしょうか・・

でも、どうでしょう。
「シワをなくしたい」「予防したい」
「たるみをなくしたい」「予防したい」

そんな想いを抱いている女子たちも多いはず。
シワや、たるみって、、

これこそが、エイジングケアのことなのです!
さあ、シワ防止対策や、たるみ防止対策を、「エイジングケア」と置き換えて、

身近な問題として、取り組んでみませんか?

肌の老化(エイジング)の原因は、

先ほどの記事で、肌の老化原因には、3つ挙げることが出来ることをお話ししました。
➡エイジングケアのお話し。

若々しい肌を保つために 誰もが避けることが出来ない現象があります。 「老化」現象です。 生まれた瞬間から、人間は老化に向かって突き...

 

❶ 紫外線によるもの
❷ 肌の酸化によるもの
❸ 肌の糖化によるもの

この中で、肌が老化(エイジング)してしまう原因として
❶の紫外線(UV)によるところが大きい!と主張する人々が多いのです。

アメリカの皮膚研究者の研究によると、
肌が老化する原因の8割は「紫外線(UV)」が原因である、という研究者もいるのです。

肌の老化する原因(エイジング)の原因が紫外線とすれば、
正しい紫外線対策をしっかりと行うことで、肌の老化を防ぐことができるはずです。

つまり、正しい紫外線対策をすれば、
シワも防ぐことができるし、
たるみも防ぐことができるのですね。

正しい方法で、紫外線対策をして、エイジングケアをすることが大事ですね。

紫外線対策はどうすればいいの?(UVケア)

そもそも、紫外線とは何かというと、
紫外線には「A波」と「B波」の2つがあるのですが、

肌の老化(エイジング)につながるには、
「A波」です。

「B波」は、波長が短いため、表皮にだけ刺激を与えるのに対して、
「A波」は、波長が長いため、表皮ではなく、肌内部にまでダメージを与えるのです。

➡紫外線のページ

紫外線(UV)は、夏だけ降り注いでいる訳ではありません。 紫外線は、一年中降り注いでおり、わたし達は、絶えず紫外線を浴びているのだ、と...

 

「A波」は、肌の内部から、じわじわと着実にダメージを素肌に与えるのですね。
日に当たっても、肌が赤くならないから安心、と思っていると危険です。

「A波」は、ある意味、タチが悪いと言えるのです。
私たちが、気付きずらい形で、肌にダメ与えるージをのですからね。

肌内部にまでダメージを与えるということは、
真皮と呼ばれている肌の奥にある部分にまで、紫外線が到達してしまい、

肌の弾力性を支えている弾力線維を破壊しているということなのです。
「シワ」「たるみ」などが起きやすくなるのですね。

肌老化(エイジング)の8割は、紫外線を防止すればいいのですから、
しっかりと紫外線対策(UVケア)を行うことが大事なのです。

紫外線対策としては、
「ちょっと外出するとき」にでも、必ず日焼け止めを付けて、ウッカリ日焼けを防ぐことが大事となります。
出来れば、日傘もさすことを心掛けるといいと思うのです。

日傘って、なんだかちょっと、優雅な気分にもなりませんか?
楽しみながら紫外線対策するって大事ですよね。

日焼け止めを塗ること | エイジングケアの基本

日焼け止めを塗るには、ちょっとしたコツがあるのです。
例えば、
「顔は二度塗りすること」が基本となります。

詳細は、別章に譲りますが、二度塗りすることを心掛けてください。
ムラがでないように、丁寧に塗ることが大事ですとなるのです。

そして、日焼け止めは、
「汗」「皮脂」「擦れとり」によって、落ちやすいので、
2~3時間ごとに塗り直すことも大事となるのです。

とはいえ、
2~3時間ごとに塗り直すって、大変ですよね。
そこで重要となるのが、紫外線を防止する効果の長さです。

「乳液タイプ」の日焼け止めは、
紫外線を跳ね返してくれる効果がある「錯乱剤」が配合されていることが多いのでおススメなのです。

紫外線を防止する効果が長く続く「錯乱剤」配合タイプ。
「錯乱剤」が配合されているかどうかは、

日焼け止めの成分表示に、
「酸化亜鉛」
「酸化チタン」
という記載があるかどうかで判断できます。

ちなみに、「錯乱剤」配合だと、
日焼け止めの色が「白色」なので、色でも判断基準にもなりますよ。

「ジェルタイプ」に日焼け止めには、
錯乱剤が配合されていないことが多いので注意が必要です。

エイジング、シワ、たるみ、
なんだか、自分に関係ない、と思っている女性たちも多いかもしれません。

しかし、忘れないでください。
紫外線によるダメージは、肌の奥底で進んでいることを!

エイジングは、年齢に関係なく、
いずれは皆が直面する問題だということを!

エイジングケア(シワ予防対策、たるみ防止対策)は、
早め早めに行うこと!

少しでも早いうちから、コツコツとエイジングケアをすること!

そして、まずは、
「紫外線ケア」を心掛けること!

これが、エイジングを防止して、美肌を維持するスキンケアの基本となるのです。
女子力向上を図るため、女子力を維持するためには必須の事項ですね!

今までの悩みが嘘のように消えた!寝ている間に効く「そばかす専用クリーム」できました。

もうそばかすで悩まないために。

ようやくそばかす専用のクリームができました。

紫外線が1番強いこの時期に助かるアイテム。

イヤ〜なそばかす。 化粧をするたびに「なければいいのに」と思いませんか。 人からの目線も気になっちゃいますよね。 気にしないよ...

関連記事

肌が老化する原因別の対処法 | 女子力向上!美肌を保つスキンケア