⑳自炊がおすすめ! | ダイエットの習慣

あなたの、毎日の食べる習慣をマネジメントしてみましょう!

食事について、良い習慣を身につけることは、健康を維持して身体を守るだけでなく、高いパフォーマンスを発揮するためのコンディションを作ったりする上で大切なことですよね。

自炊をしてみる

私たちの身体は、毎日の食事から作られています。身体に良い食べ物を食べていれば良い身体になり。悪い食べ物を食べていれば悪い身体になる訳です。

中国だか欧米だかに、「あなたはあなたが食べた物」ということわざがある、ということを聞いたことがあります。毎日コンビニの添加物いっぱいの食べ物を食べていたら、そのような人になるし、ファーストフードばかり食べていたらそのような人になる、ということなのでしょう。

わたしもそうですが、忙しいときにはついつい、皆さんも外食に頼ってしまいがちになると思います。外食って何だか油っぽかったり、良い油を使っていなかったりして、胃が持たれることが多いのは私だけでしょうか?
どんな人が料理しているのだろうか。。衛生面や栄養面や素材等について、どれだけ気を配ってくれているのっだろうか。。そんな不安が頭をよぎってしまいます。

そんなこともあって、私は自宅でご飯を食べることが多いのです、自宅で自分達で作ったご飯を食べる。素材はどういうものを使って、どのように調理してと、全て自分で管理できるので、安心して食べることができます。また、何よりも美味しい!毎日の献立に頭を悩ませることもまた楽しいものです。

家で料理しませんか? | 自炊のすすめ

こちらは聞いた話ですが、
台湾の国立衛生研究所において、下記調査をしたところ、次の結果がでたといいます。

週に何日料理するか?

■調査対象 |台湾在住の65歳以上の男女1888人弱
■調査事項 |週に何回、料理をしますか?

 

 

 

 

 

この調査対象者1888人は、調査開始後10年の間に、695人が死亡したそうですが、
「0日」と「5~7日」の死亡率には、20%以上の差があったと言います。

20%の差が生じた原因として言われていることは、
ⅰ.自分で料理をしているため、良い食べ物を食べようという意識が働き、栄養管理ができていた。
(実際に、ビタミンC、食物繊維の量が多く、コルステロール摂取量が少なかったそうです)
ⅱ.料理することで、脳が活性化した。

ということでした。

私なんかは、料理することが好きであり、楽しいと思えるため、
気分転換になるという効果もあります。

自分で食べるものを、自分で作るということは、楽しいものですよね。

糖質の摂取量を減らしてみませんか?

ついついケーキを食べすぎてしまう理由

なぜケーキの誘惑に勝てないのでしょうか?
糖質には、「砂糖」「ケーキ」のみならず「お米」「パスタ」「パン」「ラーメン」等も含まれているのですが、

人間は糖質を摂取すると、とりわけ甘いものを食べたときには、脳の中で、ドーパミンという快楽ホルモンが分泌されます。ドーパミンがでると人間は幸せな気分なる訳であり、幸福感を味わってしまった人間は、もっと糖質を摂取したくなるのです。

糖質を含んだ食事は、ドーパミン効果のせいで、ついつい食べ過ぎてしまう。そういう効果があるのです。

でも、糖質を摂取しすぎても大丈夫なのでしょうか?何か悪い影響は生じないのでしょうか?

糖質摂取による弊害① | 肥満になる

お腹が空いているときには、とりわけご飯が美味しく感じませんか?ついついおかわりをしてしまうのはわたしだけでしょうか。

ラーメンを食べるとき、つい大盛りに目移りしたり、替え玉を頼んだり、カレーを何杯も食べてしまったり。。
甘いものは別腹だ!ということで、ついデザートに手が伸びてしまったり、、

言うまでもなく、太ります。

糖質摂取による弊害② | 糖尿病や脳卒中の発生率が上がります

糖質の取りすぎが日常的なものになると、恐ろしいことに糖尿病や脳卒中になりやすくなってしまいます。
糖分を摂取すると、血糖値が上がります。尚、白いものの方が糖質を上げやすいそうです。すなわち、白砂糖、白米、白いパンほど、栄養価が低いにも関わらず血糖値を上げるのです。

糖質摂取による弊害③ | インスリンのコントロールが大変です

糖質を摂取した場合には、血糖値を下げるために、体内ではインスリンというホルモン成分が分泌されます。しかし糖質摂取が過剰であると、インスリンの分泌量が多くなりすぎるなどの、分泌のコントロールが狂いやすくなるのです。

インスリンの分泌量が多くなりすぎると、逆に「低血糖」の状態に陥ります。
低血糖になると、頭が重くなったり、身体の調子が悪くなり、
・やる気がなくなる
・集中力が落ちる
・思考力が落ちる
・怒りっぽくなる

というような症状が出てくるのです。
さらに症状が進むと、頭がふらふらしたり、めまいがしたりします。

特に白砂糖は危険

白砂糖は急激に血糖値をあげます。インスリンが過剰に分泌されやすく、あっという間に低血糖状態になってしまいます。

糖質、甘いもの、とくに白砂糖の摂取を抑えて、血糖値を安定させることができる食生活を送ることは体調管理をするうえで、大切なことなのです。

低血糖状態にならないためにも、白砂糖を摂取しないような工夫をしていくことが重要になります。

日本の20代〜30代のうち22%以上が利用するマッチングサービス!
  • 理想の人に出会いたい
  • 彼氏がほしい
  • 結婚相手を真剣に探してる

日本の20代30代の人口約2733万人のうち22%をこえる600万人以上が利用

(*人口:総務省統計局人口推計 平成30年3月1日現在の概算値より計算)

Facebookで簡単登録&お相手探し。
だけどfacebookの友達にはバレない。

真剣に理想の相手を探したい、けれど時間とお金がかかるのは嫌。
そんな人にオススメです。

【pairs】Facebookで恋活・婚活