㉑美味しい食べ方はこれ! | 食べて痩せる習慣

美味しく食べる習慣

習慣1 ランチのご飯はほどほどに。

昼食のご飯(糖質)を若干少なめにすること、このことにより、午後の行動のシャープにして、高い効率性を維持することが可能となります。すなわち、低血糖状態になることを防いで、午後に生じがちな眠気やだるさの発生を防止することができるのです。また、当然のごとく、ダイエット効果も生じますね。

仕事をしている場合には、ランチは外食となりがちなもの。外食の食事内容は、どうしても炭水化物が多くなってしましがちなので、糖質を多く摂取しがちです。外食していると炭水化物と(悪い)油をたくさん摂取してしまうので、身体によくありません。

昼食で糖質制限をするということは、外食が炭水化物ばかりである以上、非常に難しいことです。だから、意識的に(無理のない範囲で)、少しづつでよいので、工夫しながら糖質摂取量を制限する必要がありますね。
昼食は、お弁当を作って持っていくことも工夫の一つになりますね。

ランチ(糖質)の量をほどほどにするためには、
・少し残す(腹八分にする)
・お弁当を作って、食事の内容を工夫する(ご飯を減らして、魚や野菜を多くする等)
・タブレット等を利用する

といった工夫が考えられますね。

習慣2 ケーキを食べるときには、思いっきり楽しむ。

糖質を食べること自体は悪いことではありません。悪いことは糖質の摂取過剰です。糖質自体は身体に必要な大切な構成要素なのです。

だから、ケーキを食べる時でも、罪悪感を持つことはありません。ドーパミン効果に合わせて、本能のままに、美味しくしっかりと食べましょう!

決して、少しづつ ちょびちょびと食べてはいけません。最初に食べる量を決めたうえで、しっかりと食べましょう!少しづつ食べるというような罪悪感があるような食べ方では、いつまでたっても満足することができません。

食べること自体に罪悪感を持たない!。しっかりと幸福感を味わったら、それ以上の摂取はやめること。だらだらと食べることは決してしないこと。それが大事です。

習慣3 味わって食べる

目の前にある食べ物を、与えられたことに感謝しながら、ゆっくりと味わって食べて行きましょう。
大食い選手権をテレビで見たことがあります。大食い自慢の選手たちが、次から次へと丼やらラーメンを食べていく番組です。食べ物を身体に流し込んでいますね。
あなたは、掻きこんで食べるような食べ方をしてはいけません。

ゆっくりと味わいながら食べるのです。ゆっくりと感謝しながら噛みしめて食べると、今度はちょうからセルトニンという幸福感を感じさせてくれるホルモンが分泌されるそうです。セルトニンは心を安らがせてくれる作用があるのです。

セルトニンは、軽い運動や日光浴において分泌される他にも、このようにご飯を美味しく噛みしめて食べることでも分泌されるのですね。

ゆっくり噛んで食べることで、胃への負担も軽くなり、消化が促進されます。また、満腹中枢も刺激されるので、少ない食事量でも十分に満足することができますよね。自然と食事制限もできるのです。

今までの悩みが嘘のように消えた!寝ている間に効く「そばかす専用クリーム」できました。

もうそばかすで悩まないために。

ようやくそばかす専用のクリームができました。

紫外線が強いこの時期に1番助かるアイテム。

イヤ〜なそばかす。 化粧をするたびに「なければいいのに」と思いませんか。 人からの目線も気になっちゃいますよね。 気にしないよ...

関連記事

㉒運動を始めよう! | ダイエットの習慣

⑥ダイエット成功の秘訣! | 悪い習慣を辞めてみると?!

⑫痩せる秘訣 | それでも継続すること!

⑨潜在意識を利用する方法 | ダイエット成功の秘訣!

⑭痩せたいあなたへ | あなたが心から望んでいることは?

⑲ダイエットを続けること | 自分を大切にすること!