女子力習慣のススメ

⑨潜在意識を利用する方法 | ダイエット成功の秘訣!

潜在意識の行動パターンを利用する

無意識状態にまで継続すること

行動習慣が出来るまでは、
Step1の「行動することによる内容を知る」から 、
Step2の「行動できるようになる」までの間は、従前とは違う行動をする訳ですから、努力することも必要です

(もっとも、努力しなくても済むような、ストレスが少ない方法を選べば楽な訳ですが、、)

 

そして、
Step2から、Step3の「無意識レベルで出来るようになる」と、

何も考えなくても毎日行動することが出来るようになります。

 

この無意識レベルの行動の習熟度合いが進むと、やることが当たり前の状態になります。
その行動することが当たり前すぎて「やらないと不安だ」という状態になるのです。やらないことが逆にストレスになる、ということです。

例えば、
毎日ジムで筋トレする、プールで水泳する、いう行動習慣の場合には、
初めの頃は、ジムにいくこと、プールにいくこと、そのことだけに「よっこいしょ」と行動するための活力を要します。「よし、いくぞ!」という意思の力が必要となるのです。

今日は雨が降っているから、行かなくてもいいかな。。どうしようかな。。
今日は用事が入っているから、忙しいから、仕方がないよな。。だってしょうがないしねえ。。
そんなことを思う段階もあることでしょう。

しかし、そのうち、ジムやプールに行くことは当たり前になります。行ったらもう筋トレするか、泳ぐしかありませんのでそうします。だからそのうちに筋トレすることも泳ぐことも当たり前になります。

「今日はどうしようかな?やめようかな?いやいや、やるか。。」

そうこうしているうちに、筋トレすることが当たり前になっていることでしょう。泳がない日がある方が気持ちが悪いのです。用事が入ったり忙しいときには、朝泳いだりするかもしれません。深夜に筋トレをすることもあることでしょう。やることが当たり前の状態になっているのです。

無意識レベルの状態とは、意思を介在することなく、すなわち「頑張ろう!」と思うことなく、気づいたらやっているという状態にまで持っていくことです。良い習慣について無意識レベルの状態にまで高めることが出来たのであれば、自分自身が意識していなくても、どんどんと良いことが起きてきます。良い人生が好循環して回り始めるのです。

そして、当初は「よし、頑張ろう!」とか思っていたのに、今は「何も考えず」できているわけですから、心ゆとりも生まれてきます。その習慣となっている行動を始めるときにも、行っているときにも、何もストレスがかかっていない訳ですから、心も違うことに使うことができるのです。

行動習慣の身につけ方

ポイント1 無理をしない!

明日からダイエットするぞ!ということで、
・夕食の量を減らすとか、
・お酒を飲まないとか、
・炭水化物を抜く、とか、
いうことを決めても、成功することは稀なことです。成功率は非常に少ないのです。

例え、短期的には頑張って、実行することが出来ても、
数か月も経てば、リバウンドが起きてしまい、体重が元通りに戻ってしまったり、逆に体重が増えてしまったりするのです。

このことは、禁煙の場面でも同じことが言えますよね。

「今日から禁煙します。」
「今回は本気です。絶対成功します」ということを、言っていたなあと思っていたのに、

次の日には「ああ、あとこの1箱だけ」ということになり、あと1箱という話が、延々と続いていく。。

今までのお話を読んできた方にはもうお分かりのことでしょう。
そうなのです。意思の力は弱いのです。パワーの強い潜在意識には簡単に負けてしまうのです。

わたしは意思力が強いから、ということで自信をもって行動習慣を作ろうとしても、意思の力で出来ることは有限なのです。

ここで短期的にでも意思の力で我慢する行為をすることが出来たとしましょう。これは執筆メンバーの方のお話なのですが、この方は甘いものが大好きな方だったのですが「間食を辞めよう!」ということで、一切のおやつを食べることを辞めたそうです。

このこと自体は素晴らしいことであり、間食を辞めるという行動習慣が身に付けば、身体にも心にも良い影響が次々と生まれてくることでしょうね。

しかし、間食禁止習慣を始めたばかりの頃は、本当に辛くて仕方がなかったとか。お土産でお菓子をもらっても、絶対に食べない。進められても必ず断る。最初から徹底的に意思を貫くべく頑張っていたとか。

その方にとって、お菓子を食べないという行動は、毎日毎日つよい決意を持っていないと出来ないということであり、その消耗度合いは大きく、仕事をしている時も、家にいるときにもボーっとしてしまうことが多かったと言っています。

このお話からもイメージ出来るように、行動習慣を作っていくための最初の頃は、意思力を使うことが大きいのです。初期段階では、なるべく無理をすることがないように、意思力をたくさん使うことがないように、工夫したりバランスを取っていくことが大事です。

ポイント2 行動習慣は「1つ」づつ身につける

また、行動習慣をつくっていくことは、そんなに簡単なことではありません。従来とは異なる新しいことを行っていくわけですから、エネルギーを使うことには変わりありません。だから焦る必要なないのです。行動習慣を同時期に複数身につけようとしてはいけません。

早くダイエットしたいから、「チョコレートを食べないための習慣」と「運動する習慣」を同時期に並行して行うことはやめましょう。ストレスがかかりすぎの状態になってしますからです。

皆さんには普段の生活があります。普段の生活において、既にエネルギーをたくさん使っています。おうちのこと、学校のこと、仕事のこと、パートナーとのこと、結婚のこと。
頑張っている皆さんも、それほど頑張っていない皆さんも、いずれにしてもすでに十分、力を使っている状態なのです。無理はいけません。
目の前にあることのうち、まずは出来そうなことを1つ見つけてください。その1つに対してのみ意思の力を注ぎこんで、しっかりと結果を出すことが大事となるのです。

ポイント1でも述べたように「無理をしないこと」がキーポイントになります。「努力したり」「無理したり」しなければ出来ないことは、やってはいけないのです。確かに頑張っている自分に対して、よくやっているなあ、わたし、と自己満足感を得ることは出来るかもしれません。しかし、自己満足を得ても仕方がありません。行動習慣を身につけることが大事なのです。

行動習慣を1つ身に着けたら

1つ目の行動習慣を始めてから3カ月ほど経ったら、一度立ち止まって、自分のことを客観的に眺めてみてください。何のストレスを感じることもなく、ルーティーン作業として何も考えずに行うことができているかどうか。
もし意識することなく、行動を続けることができているのであれば、その行動は習慣化されたということができるでしょう。

1つ目の行動が習慣化されたことを確認してから、2つ目の行動に移るように心がけてください。2つ目の行動習慣を始めるころには、もうすでに行動をすることへの障壁は低くなっているかもしれません。なぜなら、1つ目の行動習慣が出来たことにより、良いスパイラスが生まれ、結果が出始めているかもしれなからです。2つ目の行動をすることへのハードルが低くなっている可能性が高いのです。

初めは、出来るだけストレスが少ないことから始めてください。いわば小さい成功体験を作り上げるのです。小さいながら1つ1つ積み上げることにより、無理なく継続することが出来ます。また、小さくても成功体験を積み重ねていくことで、自分の中にも自信が生まれ、よいリズム感のもとに行動していくことも出来るのです。

プロのメイクアップアーティストが現場で使うメイク崩れなしの化粧下地とは?

朝ばっちりメイクしても、日中はトイレに行く度にメイク直し・・・

デートや結婚式で張り切ってメイクしても、たどり着いた時には崩れてる・・・

そんなイライラや手間とはもう無縁になります!

夏の暑い時でも夕方までメイクが崩れない化粧下地。

↓プロが現場で使う理由が分かりますよ↓

あわせて読みたい
口コミが多いシルキーカバーオイルブロック使ってみたよ感想レビュー。価格も比較してみたよ。毛穴を目立たなくする、化粧崩れしないなどで有名な「セルフューチャーシルキーカバーオイルブロック」。 リピーターもすごく多いようです...