②ダイエットの第一歩!行動習慣を1つだけ変えてみる

一歩すすめて、生活習慣を身に付けよう!
良い行動習慣を1つ身につけると、人生が変わり始めます。

ダイエットを続けて、結果が伴わない状態がつづくことは辛いものですよね。

・運動をしているけど体重が落ちない。
・食事制限をしているのに太ってきたといわれる。
・ちょっと大丈夫なの?頑張りなさいよ、と言われてします。

痩せることが出来ないために、自分の容姿に自信がもてず、
・わたしはダメ人間だ。。
・もうやれることはやっている。痩せない体質なのかも。。
そんな風に考えてしまいそうです。皆さんも経験があるのではないでしょうか。

ほんの少しの工夫 | 生活習慣

でも、ほんの少しだけ、自分の行動を変えるだけで、人生は変わっていくものです。ほんの少しだけ工夫をして、1つだけ行動習慣をつけることで、無限に可能性は広まってきます。

1つの行動習慣が身に付くだけで、良い循環が生まれ、予想もしなかった面においてさえも良いことが起き、あなたの人生に大きな変化が生まれるのです。

自分自身の行動習慣が良い方向に変わると、あなたが変わり始めます。

行動習慣を1つ身に付ける

共同執筆者の方にこのような30代前半の女性がいます。
・子供がいるものの、日中は働いており、家事との両立を図るために忙しく過ごしている。
・忙しさの余りに、夫や子供と過ごす時間が少ない。
・子供や老後のお金のことを考えると、不安で堪らない。

そんなこんなでストレスが溜まってしまい、イライラする毎日。仕事を終えて、家に帰ってから家事をして子供の明日の準備をしたりして、ホット一息つくとテレビを見てしまう。テレビを見ているときにのみ、ボーっとすることができるのだけど、ついつい夜1時半くらいまでだらだらとしてしまう。
食事も過食気味になってしまい、お酒も飲む量も増えてしまった。

当然のように体重も増加し、体型にも変化が。。
なんとかならないものか。。と散々悩んだ結果として、

平日も週末も、次の行動を習慣づけることにした結果、劇的に生活が変わり始めた、と言っています。
「朝4時半に起きる」
「テレビは見ない」

それまでは朝は6時半に起床されていたとのことで、6時半起床後に、子供にもご飯を食べさせて、ドタバタして8時前には家を出発するという日常を送っていたため、2時間早い朝4時半という行動変化を続ける自信は当初なかったそうです。

しかし、この30代前半の女性は、ドタバタしている日常を変えて、なんとか落ち着いた生活にしたかったとの思いが強かったのです。
・子供とゆっくりと話す時間がほしい。
・夫ともくつろげる時間がほしい。

こんな生活を送っていたら、いつの日か後悔するだろうという危機感も強かった。
「家族と過ごす落ち着いた時間」が欲しいという思いが、自分にとって本当に大切なものであることに気がついたのでしょう。

・朝4時半に起きて、朝食の準備をする。
・家族でいつもよりもゆっくりと朝ごはんを食べる。
・今までよりも30分早く会社について、その日の段取りを確認し、定時に帰宅出来るように仕事を整える。
・帰宅後は、夜10時には就寝できるように雑事をこなしていく。

4時半生活を始めて、最初の1週間は調子が良かったものの、2週間目から3週間目に辛い時期がやってきたとのこと。でも1カ月が過ぎたころには、4時半起床の生活リズムがパターンとなり、自然と起きることが出来るようになったとのことです。

早起き生活は、今までの絶えずあたふたした生活を変えてくれました。忙しい、時間がない、と絶えず気が焦っていて、自分の時間も持てずに、気持ちが追われていた生活を変えてくれたのです。

こんな効果も! | 行動習慣の副産物

生活習慣を変えることにより、
・家族との落ち着いた朝時間、
を手に入れただけではなく、

・就寝前のリラックスタイムも生まれた、
・落ち着いて読書できる時間、集中して勉強できる時間も生まれた、
・家の中に和やかな雰囲気が生まれた。
・仕事も自分でコントロールして出来るようになった

これらの効果だけではなく、この女性に思いもよらない副産物ももたらしてくれました。
・ストレスが無くなったせいか、過食しなくなり、お酒も飲まなくなった。
・体重も結婚当初の頃にまで戻り始め、着れなかった洋服も着ることが出来ようになってきた。
・朝、ストレッチをする習慣も生まれ、体調も良くなってきた。

よく、
夜の0時~2時は、成長ホルモンが活性化しているので眠ったほうがいい、とか
朝の時間は脳力が活性化しているから、作業効率がいい、とか言いますよね。

そんなことも影響しているのだと思います。

早起き生活の副産物として、お酒も飲まなくなったことにより、お酒代も節約。

仕事でも朝30分の落ち着いた時間を使ってイメージを高めて、意欲的に働くことが出来るようになった。
そのお陰もあり、会社での人間関係も潤滑になり、ゆとりをもってコミュニケーションをとれるようになったという変化も実感されているそうです。

仕事で、上司や同僚のみんなの理解も得ることが出来るようになり、子どもに病気などのアクシンデントがあったときも早退もしやすくなり、仕事上のやりくりもうまくいくようになったとのこと。

この女性の生活は、アタフタした追われた生活から、落ち着いた生活に変化しました。
望んていたとおりに、家族との時間を手に入れることが出来たのです。

行動習慣を1つ変えただけ!

では、この女性は、なぜこのような変化を遂げることができたのでしょうか?

それは、行動習慣をたった1つだけ変えただけなのです。生活習慣を良い方向にひとつ変えるだけで、そこから生まれる良い効果は、非常に多いのです。

※ 生活の行動歯車を1つ変えると、連動して多くのお土産が生み出されます!

今までの悩みが嘘のように消えた!寝ている間に効く「そばかす専用クリーム」できました。

もうそばかすで悩まないために。

ようやくそばかす専用のクリームができました。

紫外線が強いこの時期に1番助かるアイテム。

イヤ〜なそばかす。 化粧をするたびに「なければいいのに」と思いませんか。 人からの目線も気になっちゃいますよね。 気にしないよ...

関連記事

⑦ダイエット「わかっているけど辞められない」深層心理のはなし

⑥ダイエット成功の秘訣! | 悪い習慣を辞めてみると?!

③ダイエットの際の着目点!痩せる生活習慣を探し出す

⑱無理しない行動パターンを探す | ダイエット習慣のコツ

⑲ダイエットを続けること | 自分を大切にすること!

㉑美味しい食べ方はこれ! | 食べて痩せる習慣