恋愛の掟

こんな男は辞めておけ!彼と別れた方がいい場合 | 男の選び方

Reina
Reina
女性が行うべき掟です。女性が愛されて幸せに生きることができる術をお話しします。


恋愛の掟
に従って、男性の方からアプローチをかけてもらったら、貴女はその誘いに答えなくてはいけないのですが、

  • 勿論、好みでない男性である場合に誘いを受ける必要はありません
  • どうしても外せない事情がある場合には、例外的に断ったり、日時変更をしても構いません。恋愛の掟が、男性から誘われた場合には、その誘いを受けることとしている趣旨は、男性にリードを取ってもらった場合には、その流れに乗ることが大事ということ。貴女は男性にとって心地の良い存在であることが大事だ、ということなのです。

誘いを受けてデートをを始めたところ、実はこの男性はこんな性分だったのか。。ということがわかることがあります。

  • 自慢ばかりする。
  • 態度が大きい、女子を蔑視する。

等々
こんな風に、好みではないことが分かりやすい場合には「こんな男とは付き合うのは辞めておこう」、と判りやすく識別できるからいいのですが、判断に迷ってしまう場合があるのです。幾つかシチュエーションごとに考えてみましょう。

こんな男は辞めておけ!です。

メールの内容やfacebookを見せてくれない男

メールやfacebookは、個人のプライバシーの範疇にあるので、そこ迄は。。という人もいるのですが、貴女に隠し事をする理由なんてあるのでしょうか?何かやましい事があったりということなのでしょうか?

確かに、貴女は彼に黙って覗きみること(盗み見)は確かに辞めた方がいいでしょう。不意を突かれた彼氏は、びっくりして怒るかもしれません。そんな彼氏をみて、貴女は幻滅してしまうかもしれないし、トラウマになってしまうかもしれません。

でも、「メールをみてもいい?」「FacebookやLINEを見せて」と、彼氏に頼んでみることに、何らの問題があるのでしょうか。彼が他の女性とも親密なやり取りを続けているのかもしれません。

そんなことはないとしても、彼は貴女に何か後ろめたい気持ちがあったりするのかもしれません。今後将来的にずっと見せることは不都合かも、とも考えて、事前にガードを張っているのかもしれません。

いずれにせよ、貴女が「見せて」と言って、彼が「見せてくれない」ことには、何らかの理由があるのです。一体なぜ、特別の存在であり最高の女性である貴女に、隠し事をするようなことがあるのでしょうか?

他の女性と浮気していたり、はたまた本気の交際をしていたり…。そこ迄ではなくても、何らかの後ろめたい感情があるのならば、そんな彼との付き合いは、幸せな形で長続きすることは決してないのです。

彼が自分に対して、100%誠実でないのであれば、それは数年後、何らかの形で必ずほころびとして現れて来るものです。そのときにすでに、貴女がたが結婚しているのであれば、あなた方の関係は冷たいものとなり、不幸せな結婚生活となっているかもしれません。

彼の、貴女の誠実さを試してみるためにも、「メールをみてもいい?」「FacebookやLINEを見せて」と、彼氏に頼んでみるといいのです。

しかし、彼にとっては『自分のプライバシーを見せる』行為であり、これは非日常的な行為なわけですから、『えっ』と戸惑いや、拒否感を覚える男性が殆どのことでしょう。

やましいことがない場合でも、『えっと、何か見せてはいけないものは入っていないかな…』と思ってしまったり。

だから1度目は、「見せて」と言って、すんなり見せてくれなくても問題はないのですが、彼に数回頼んでみても、一向に見せてくれずに『怒り出したり』、『難しい理屈をこねくり回して来る場合』には危険な兆候がありです。

一向に改善する様子がない男とは、お付き合いをすることは辞めた方がいいでしょう。

しっかりと、彼氏の様子を見てみることが大事です。

一緒に居てあげないと怒り出す男

彼が貴女にぞっこんである程、彼は貴女と一緒に居たがることでしょう。彼は、四六時中イチャイチャしたいと言いだすことでしょう。

でも、恋愛の掟を実践して、幸せな恋愛と結婚生活を手に入れる貴女は、彼氏と一緒に過ごす時間を上手くコントロールしなくてはいけません。

彼とのお付き合いが、時間を重ねて、軌道に乗ったと感じたのであれば、週に2、3回デートを重ねてもよいのですが、それ以上の回数をデートしてはいけません。彼との電話やメールもそうです。貴女は恋愛の掟で定めている決まりに従う必要があるのです。

「ごめんね。やることがあるから」「これ以上は難しいのよ」と優しく教えてあげなくてはいけないのです。

「何で?」と聞かれてても、彼にその理由を詳しく教える必要はありません。考えるのは彼氏の役割。

こうしてくれれば、もっと一緒に入れるのに、、とかいうヒントを彼氏に与えてもいけません。一緒に居ることができるようになるには、どうすればいいのか?ということを考えるのは、彼の役割なのですから。

幸福に恋愛を手に入れるためにも、貴女が導きをしてはいけないのです(一緒に住むことができたら、ずっと一緒に居れるね!とか言ってはいけないのです。考えるのは彼氏の役割だから。ちなみに、同棲は厳禁です。理由はまた別の記事で。)

貴女のことを真剣に想っている彼氏であれば、キチンと理解してくれることでしょう。

怒り出す男は論外ですが、一緒に居ないと君のことをもっとよく知ることが出来ないとか、僕のことをより知って欲しいんだとか。そんな風にして食い下がって来る男も考えものです。

よく観察して欲しいのですが、大抵の場合には、単に寂しいいから、暇だから、側にいて欲しいだけ。貴女のことを真剣に恋愛対象として、結婚対象として見ているわけではないことが多いのですから。

 

☞ 恋愛の掟<一覧>