男を見る目を養う方法は?→男性の選び方、見極め方を知りたい女性たちへ

恋愛には刺激と安定のどちらが大事?→元彼と別れて学んだこと。新しい彼氏に浮気をされて復縁したい思っても…

私が元彼と別れて学んだことは、平穏な日常の大切さです。

元彼と付き合っているときには、当たり前だと思っていた日常は、実は元彼への感謝の気持ちと、元彼による私への思いやりの積み重ねであったのです。そのことに、別れてから気が付いたのです。

私が別れた彼氏は、5歳年上の小売業の販売員。

一言でいうと穏やかな癒し系タイプ。自己主張はあまりなく、どんなことでも私のことを受け入れてくれ、わたしの意見を尊重してくれる男性でした。

元彼との出会いのきっかけ

話は、今から10年以上も前に遡ります。元彼とは友人の紹介で、出会いました。

当時わたしは14歳、元彼は19歳。元彼とは最初はメールのやり取りから始めたのです。その後、何度か実際に会ううちに、互いに惹かれて付き合うこととなったのです。

元彼との付き合い当初は、毎日が楽しくて楽しくて。理想の彼氏とやっと出会えた!と思い、なんて素敵な男性なんだろうと感じていました。

元彼と一緒に居ることが嬉しくてたまらなかったのです。

元彼は初めての恋人

元彼は、私にとって初めての彼氏でした。

私の中で思い描いていた理想の彼氏像は、少女漫画に出てくるような完璧な男性。初めて男の人と付き合った私は、彼氏が理想の男性に見えたのです。

今思うとそのような完璧な男性などいるはずないと笑える話ですが、当時は本気でそう思っていた。

時間が経つにつれて、現実に気付いていったのですが。。

理想の彼氏像と、現実の彼氏とのギャップに違和感を感じていたのです。

理想の彼氏像と異っていたとはいえ、元彼はわたしのワガママに一切逆らうことなく全てを受け入れてくれた。何でも私のことを受け入れてもらえる彼氏。

そんな環境が居心地良く、そのまま元彼とのお付き合いを継続していました。

恋愛に刺激を求めた

元彼と付き合って8年が経過したときのことです。

私は22歳になり社会人として働き始めました。

ふと自分の将来を考えたときに、一生1人だけの男性とのお付き合いで終わるのではなく、若いうちはもっといろんな男性との恋愛がしたいと思うようになったのです。

実際、この8年の間に、私の友達も何人も彼氏を変え、楽しそうな恋愛をしているのを見てなんとなく羨ましい気持ちもありました。

他の男性のことも知ってみたいという気持ちを、素直に元彼へ話しました。

元彼は悲しそうな顔をしていましたが、優しかった元彼は、「そこまでお前が言うなら合コンなどの出合いの場にも行っていいよ」と言ってくれたのです。

共通の男友人から、後になってから聞いた話なのですが、元彼は本来、彼女からこのようなことを言われると別れを意識する性格だったそうです。

でも、元彼はわたしの事を好いていてくれて、彼女の強い希望でそれが幸せに繋がるのならばそれでもいいと思ってくれていたようでした。

そんな元彼の本当の優しさにも気づかず、私は刺激を求めて出会いの場に出かけては、他の男性との交流を深めて続けました。

その場その場で、男性との刺激を楽しんでいたのです。

元彼との別れのとき

しかし、そのような時間は、やはり元彼にとっては辛いものだったと思います。私にも遂には他に好きな男性が出来てしまい、とうとう元彼と別れることとなったのです。

別れの際に、元彼は「戻って来てくれる日を待ってる」と言ってくれました。

でも、当時の私には新しい男性との恋の始まりが嬉しくて「戻ることなんてないよ」と、元彼の言葉に対して何にも思いませんでした。

新しい彼氏

新しい彼氏は、前の彼氏と比べると対照的でした。

男気があり引っ張ってくれるような男性でありとても魅力的だったのです。今度こそ理想の彼氏だと思えました。

しかし、新しい彼氏は「俺の考えが正しい!男を立てるのが女の役目」という考えの男性でした。

それまでの元彼との恋愛では、ずっと自分の意見が一番に通る環境だったのです。

新しい彼氏との恋愛では、彼氏にお伺いを立てることがストレスとなり意見の食い違いに喧嘩の毎日でした。

それでも私は、その新しい彼氏のことが好きだったので、我慢をしながら1年を過ごしたのです。

新しい彼氏の浮気

新しい彼氏と付き合って1年2ヶ月頃のことです。

彼氏の家に遊びに言った際に、見慣れない手紙が部屋に落ちていました。

見てはいけないとは思いつつ気づかれないようにして、落ちていた手紙を読むと、それは知らない女の人からの手紙でした。

手紙には「お前のことが好きだよ!付き合ってくれて嬉しい。」というような内容が書かれていました。

新しい彼氏に手紙のことを問いただすと、彼氏にはあっさり浮気を認められてしまいました。

彼氏によると、浮気の原因は、

  • わたしと価値観が違うことと、
  • 私のワガママに付き合いきれなくなった

というものでした。

ショックで立ち直れない状況でしたが、浮気をされてもまだ好きな男性でしたので、浮気を許すから戻って欲しいと私から頼んでしまったのです。

しかし、その後もやはり上手くいかず、新しい彼氏は浮気を繰り返した。新しい彼氏とはそのまま別れることとなりました。

後から聞いたところによると、新しい彼氏はそのあとすぐに浮気女性を妊娠させ、そのまま結婚することになったと、共通の友人を通して知りました。

元彼への連絡

彼氏に浮気された挙句、彼氏がその相手を妊娠させ結婚するという幸せロードを歩む一方、不必要と捨てられた私は、身も心もボロボロに、、藁をすがる思いでプライドも捨て元彼へ連絡しました。

もちろん、なんだかんだで私のことが一番という元彼だったので、当然「まだ待ってくれている」と思っていたのです。

しかし、時すでに遅し。

元彼にも新しい彼女が出来ていた…。

元彼は、その女性と結婚も意識しているという話でした。

完全なる私のワガママで自業自得な結果だったのです。

元彼と別れて学んだこと

「安定」や「普通」という言葉は倦怠期のようでつまらないことだと思っていましたが、それは違いました。

当たり前と思っていた環境は、実はものすごく居心地が良く、本当に自分のことを理解してくれて受け入れてくれていたということを知りました。

 

自分の恋愛偏差値と恋愛傾向を知りたくなったら ☞

 

☞ 男を見る目を養う方法<一覧>