結婚式会場の決め方

後悔しない!結婚式会場の決め方と選び方→予約する前に確認すべき7つのこと | 結婚プランナーに聞いてみたい


結婚式会場を予約する前に、確認すべき7つのこと

結婚式会場に見学に行き、

  • 結婚式会場が気に入り、
  • 見積もりも予算内で、
  • 日程も空いていた!

しかも、

  • 人気がある会場で、
  • お日柄も良いし、
  • 今日決めたら○○プレゼント!という言葉に魅力を感じてしまい、

結婚式会場を即決した!

でもその後に疑問が出てきて、あれこれと聞いてみたら

いろいろと不都合が…

「もっと事前に確認しておけばよかった!」

こんな新婦さんの声をよく耳にします。

結婚式会場を予約する前には、必ず契約内容についての説明があります。それをしっかりと把握した上でサインすることがとても大切です。

でも重要なことのすべてがその契約書に書いてあるわけではありません。

結婚式は一生に一度のもの、後で知って後悔しても遅いから!

一度予約するとキャンセル料に平均10~30万円のキャンセル料がかかってきます。
後悔しないためにも事前に把握しておくべき7つのことをご紹介します

①持込み料金

挙式当日!持込み料金がかかるものと、かからないものは何でしょう?

会場見学の際は具体的に持ち込みたいものが定まっているカップルの方はほとんどいらっしゃいません。

挙式当日に、自前の持ち込みを検討しているものは、

  • ウェルカムボードなどの待合の受付グッズ

などをイメージされている方は多くいらっしゃるかと思います。

しかし、打ち合わせが進んでいくと予算の関係で持ち込みたいグッズは増えていきがち。

  • 友人が生い立ちDVD作ってくれる、
  • 母がウェディングブーケを作ってくれる

等々で、持ち込みのグッズは増えていきます。

持ち込みグッズが増えていった時、結婚式会場によって持込料がかかるもの、持ち込みがNGなものがあります。

後で持ち込みグッズのルールを知った時に残念な思いをしないように、事前に結婚式会場に確認しておきましょう。

特に持込料が高くかかってくるのは衣装です。

平均して新婦様衣装は

  • 1着5~10万円
  • 新郎様衣装は3万円前後

の持込料がかかってきます。

最近では衣装の持ち込みが完全にNGのところもあります。

他にも

  • 招待状などのペーパーアイテム
  • 生い立ちDVDなどの映像
  • 引出物
  • 美容スタッフ
  • カメラマン
  • 装花(ブーケ)
  • 食材

などが、結婚式会場に持込ができるか確認しておきましょう。

私のお客様でもご実家が農業をされていてご両親が育てた野菜を使って料理を振る舞いたいというお客様がいらっしゃいました。

衛生上の関係で持ち込みの食材は一切お断りをしている結婚式会場もありますので事前に把握しておきましょう。

②衣装はどんなものがあるか

衣装はどんなものがあるがあるでしょうか?気に入る衣装がなかった場合持込み可能でしょうか?

衣装は持込できるのか、持込料がかかるのか、事前に確認しましょう。

持込が難しい場合は契約前に自分の気に入るドレスがその結婚式会場にあるかどうか実際に見せてもらいましょう。

一生に一度の結婚式だからこそ気に入るドレスがなかった場合結婚式が楽しみではなくなってしまいます。

また、結婚式の見積もりで入っているドレスの価格は最低ラインのものではないか、気に入ったドレスはいくらくらいの価格なのか確認しましょう。

衣装は結婚式の見積もりがぐんと上がる要素の1つなので衣装の人気の価格帯も把握しておいたほうが安心です。

また、見積もりに入っておらず後々かかってくるのが「ウェディングドレス用の補正下着」です。ほとんどの会場が見積もりには含まれておりませんが、買い取りになります。

  • 会場で購入の場合は1~3万円、
  • ネットで購入の場合は1万円前後で購入できます。

試着の際に補正用下着も装着するので、会場購入のほうがサイズも確実で安心です。追加でいくらになるのか確認しておきましょう。

③結婚式の余興について

友人に余興を頼もうと思っている方は余興についても確認しておきましょう。

結婚式会場によっては大きな音が出るバンドや太鼓演奏ができないところもあります。

また、二人の予定人数で披露宴会場内にどれくらいの余興スペースが確保できるかも大切です。ダンスなどの余興が入った場合可能かどうか確認しておきましょう。

音楽を使う余興の場合、流すだけで追加料金がかかるところもあります。

大手企業の会場で友人が余興DVDを検討していると伝えた際に、音楽を入れたら5000円かかると言われたそうです。

最近は音楽の著作権の取り締まりが厳しくなってきているので著作権料の支払い分として追加料金を設けている会場もあります。

余興の内容によって追加料金がかかる場合は、友人に支払ってもらうのか自分たちで支払うのか事前にプランナーに伝えておきましょう。

④BGMは自由に選べるか?

上記で述べたように著作権の関係で音楽の使用の場合は結婚式会場側が支払いをしています。

BGMの使用料は音響照明費や会場使用料に含まれている場合もあります。

一方でBGMは会場指定のもの、もし自由に決めたければ追加料金がかかる会場もあります。

1曲○○円という設定のところもあるのでBGMは自由に決められるのか、追加料金がかかるのか、指定の場合自分たちで持ち込むのかも確認しましょう。

⑤挙式費用、見積もりのクオリティ

最初に会場から出してもらう見積もりは最低限のものではないか確認しておきましょう。

予算に不安がある場合は見積もりを出してもらう際に、ある程度の演出や写真・映像の料金は事前に入れてもらいましょう。

特に料金が大きく変わってくるのは衣装・料理・写真・映像関係です。

結婚式の費用は1つ1つが普段の生活の中の設定料金とは全く違います。いろいろ決めた後に最初の見積もりから100万円以上追加になっているということはよくあります。

具体的にこのくらいの予算でとイメージされている方は、その予算の中でその会場では何ができるのかプランナーにある程度見積もりに組み込んでもらうといいかもしれません。

⑥変更はいつまで可能か?

これから1つ1ついろんなことを決めていきます。

全てが決まった後に改めて見積もりを出してもらいますが、予算オーバーしていた場合や、不要だと思ったものは変更可能期間内であれば変更・取り消しができます。

私が勤めていた会場では挙式日の10日前までが変更可能日でした。

それを超えてしまったら一切変更ができません。契約書にも記載されているかと思いますので必ず確認しておきましょう。

全てを決めて見積もりを出してもらってから最終変更可能日の期間が短いと焦って決めなければならないので、最終変更日から逆算してゆとりを持った打ち合わせのスケジュールを出してもらいましょう。

⑦支払いの方法

基本的には全額前払い(カード不可)のところがほとんどです。

半分は前払い・半分は当日披露宴後にご祝儀払いも可能な会場や、最近ではカード払いも可能な会場も増えてきました。

カード払いができる場合はポイントもたまるので嬉しいポイントですよね。

契約した後に「全額前払い」のみと知って「無理だ・・・」となっても遅いので、事前に確認しておきましょう。全額前払いのみの対応の会場の場合、自分たちで支払いが可能かどうかもしっかりと二人で話し合いましょう。

結婚式会場を決め方・選び方→予約前に確認

会場を決める前に確認しておきたい7つのことをご紹介させていただきました。

あの時確認していれば・・・と後悔せずに、結婚式当日まで気持ちよく準備をしていくためにも、事前に確認して不安要素は払拭しておきましょう。

 

式場選びをしたくなったら 

 

結婚式<一覧>