結婚したい!どうすればいい?

高校教師の仕事が忙しくて婚期が遅れた。。 | 彼氏と結婚生活を続ける自信が無かった

私がなかなか結婚できなかった理由は、仕事を最優先にしていたからです。

希望していた高校教師の職についたので、職を手放したくなかった。
結婚することで、束縛を受けるのは嫌だったし、家事も苦手だったのです。

今は結婚して、幸せな生活を送っています。
旦那さんは、高卒の鉄道マンです。家事は得意だし、頭も良いと思います。

なかなか結婚できなかった理由

わたしは、27歳でなんとか就職を決めましたが、職場である公立高校は東京都の北西部。しかも行きは1時間半、帰りはバスの本数が減ってしまうため2時間かかる長距離通勤になってしまったのでした。

そのころは、結婚すること、家庭をもつという考えを放棄していました。仕事のことだけで精いっぱいだったので、おそらく家庭をもつことはないと考えていました。

結婚を考える人に出会ったときには32歳になっていました。
彼のほうからのアプローチがきっかけですが、相手が自分より学歴が下だということで、親の猛反対を受けました。

母親には、
「できちゃった結婚なんかするんじゃないわよ」と失礼な言葉を浴びせられました。

32歳の娘が避妊の方法くらい知っています。結婚することに執着してこなかったの私ですが、彼のことをひどく言う母親のことを見返して、幸せになってやる、と思っていたのです。

結婚生活を続けていく自信がなかった |

わたしは、結婚してやっていけるか自信はありませんでした。

なぜならば、わたしが30歳のころには、両親の結婚生活はすでに破綻して家庭内離婚の状態でした。理想とする夫婦のありようが私にはわからなかったのです。父は父で、母は母で私に愛情を注いで、思い通りにしたかったんだと思います。

私はとにかく彼氏との交際を続けていくことに力を注ぎました。そのころのドラマに『十年愛』というタイトルの作品がありましたが、自分の中で、10年交際が続けば結婚もうまくいくだろうと思ってました。

彼との交際が10年続けば、結婚しても、きっとその先も乗り切っていけるという確信があったのです。だから、彼とは電子メールで毎日まめに連絡をとり、週末は必ず相手の下宿に泊まり、一緒に鍋をつついてテレビを見て、よくある家庭の暮らしをシミュレーションしていたのでした。

毎日メールで連絡をとるのは楽しかったのですが、高校の文化祭の準備で残業しなければならなかったときには、寝てしまってメールを送れないときもありました。

彼も、10年間交際したいというわたしに、最大限に協力してくれてました。彼は、私が暮らしていた実家の近くに引っ越してきてくれました。私は遅く生まれた子だったので、両親は同年代の父母よりもずいぶんと年上でした。年老いた父母がいつ病気などで倒れるかわからない状況下で、遠くに住まないほうがいいと考えていたのです。私は親の責任をとらなければならない、ひとりっ子でした。

10年交際が続いた後に結婚することにしたのですが、最初は親に黙って、住民票を彼の住所に移しました。その際「妻未届」と役所に記載してもらい、事実婚である証拠を作作ったのです。ちゃんと正式に結婚しなかったのは、私が死んだり寝たきりになったときに、保険の受取人を、彼よりも経済的に圧倒的に苦しい自分の親にしなければならないと考えたからです。

事実婚に関しては、入門書的な法律の本を読んで、彼氏もよく研究してくれました。

私は彼氏のことを親には紹介しないで交際を続けてきました。父はわたしの結婚のことを案じてくれていましたが、認知症になり、そのまま亡くなりました。母はいまだに私たちのことを許していないようです。だから、彼氏と母親に会わせるつもりはありません。母親からどんな罵詈雑言が飛んでくるかわかりませんので。私は相手のことを守る義務があると思っています。

今では、正式に結婚をしており、彼氏の家族には、私を彼の妻としてあたたかく受け入れてもらっています。ありがたいことです。

10年間交際した彼との出会いの場は?

わたしは、若いころは、恋愛願望が非常に強くありました。週末だけどこかに遊びに行くような、長い交際ができればいいと思っていましたのです。

職場と実家の行き帰りだけでは味気ない生活だと思っていたし、先生同士で交際することは嫌でであり、職場恋愛をするのことは避けたのです。同業者と恋愛するにも抵抗がありました。

そこで、インターネットを使って、有料会員制の恋人紹介サイトを利用することにしたのです。サイトを選ぶ際には、本人確認ができる信頼できる業者のサイトを選びました。基本的に文字のみのコミュニケーション空間でしたが、オフ会も開かれており、オフ会に参加したときに出会った男性と仲良くなったのです。

その男性(彼氏、今の旦那さん)とは、メールのやり取りを頻繁にするようになりました。交際をスタートした時から、彼は「100%信頼のおける男性」という印象を持ちました。彼のお友達と飲みにいってときに、彼がトイレで席を外したとき、「まじめで律儀なヤツだからよろしく」と言われたことも、自分のこれからのスタンスを決める言葉になりました。

もう一度、男性と出会うきっかけを探すとしたら、結婚することを真剣に考えたら、おそらく有料マッチング会社を利用するとよいのではないでしょうか。結婚したいと思うならば、信頼をおける会社を選ぶことが大事だと思うんです。

私が結婚できた理由 | 10年間の交際

わたしが結婚できた理由は、10年交際を続けられたことにつきます。私もそれなりに頑張りましたが、相手もよく我慢してくれたと感謝しています。

交際の過程で、相互理解することができ、どこが触れられたくない「地雷」なのかを、お互い伝え合いました。だからこそ、しないでもいい喧嘩を避けることができたのだと思います。

結婚に向き合い始めたあなたは、読んでみて。

自分の恋愛力を、自己診断したくなったら (^_-)-☆

婚活の情報収集をしたくなったら ☞

 

☞ 私が結婚できた理由 <一覧>