結婚したい!どうすればいい?

彼との結婚を決意した理由と、彼に決めた瞬間 | 迷っている女性に大切なことを教えたい

33歳メーカー勤務
33歳メーカー勤務
旦那さんは年下で、割とマイペースで頑固な性格。迷いに迷って今の夫との結婚を決意しました。彼に決めた瞬間についてお話します!

わたしが彼との結婚を決意した理由は、一緒にいて気楽だったからです。

わたしは、もともと見栄っ張りの性分で、

  • 自分のことをよく見せたい、
  • 相手がどう思っているのだろう?

って相手の顔色を伺っていた恋愛が多かったのです。

でも、今の夫と知り合うことができ、お付合いをしているなかで、

「この人と一緒にいると楽だなー」と思ったことが決め手だったのです。

彼との出会い

彼とは、花火やバーベキューなどの企画に参加するというイベント系合コンで出会いました。

そのイベント系合コンは、もともと婚活を目的にしていました。

婚活という同じ目的をもっている人が集う場所で会ったため、彼と私は「いずれは結婚を」ということが共通認識だった。その点はとても気が楽でした。

ちなみに、彼は女性とお付き合いした経験が少なく不器用でした。そういうところが「可愛いな」と思ったのが第1印象です。

結婚を決意するまで | 不安

今の旦那さんと付き合い始めてから2年して、ぽつりぽつりと結婚について話をするようになってきた頃、

結婚後の生活、お金の価値観、仕事や子供のこと…いろいろなことを話せば話すほど、自分と考え方が違うので

「この人で大丈夫かな…」と不安が拭えずにいました。

不安はあれども、彼のことが好きは好きだったので、やっぱり「恋愛と結婚は違うのか…」と悩んだりもしました。

そんな中、彼が転職を考えていると聞いて「ほんとに結婚する気あるのかな」と思ったりもしたものです。

結婚を決意した瞬間

2年間、毎週末、二人で会い続けたにも関わらず、「たまには友達と遊びたい」と思うこともなかったのです。

だから私も、少しずつですが、この人ならいいかなと思うようになっていきました。

そんな時、二人で温泉旅行へ行くことにしました。連休だったこともあり、少し長く一緒の生活をした帰り際に、「このまま一緒に家へ帰るんだったらいいのにな」と思ったのです。

そんな風に思った自分に、自分でもびっくり。

「ずっと一緒に暮らしたい」と思えたことが、結婚を決意する決め手になりました。

温泉旅行に行ったことで、普段の生活とはまた違った環境の中でも、二人で仲良く過ごせたことも、結婚を決意した理由のひとつかと思います。

温泉旅行中に、「なぜこの時期に転職を考えるのか?」と聞いてみたところ、「不安定な契約社員から正社員になり、安定させてから結婚したかったから」という返事が返ってきました。

そのことを聞いて嬉しくなりました。

結婚を真剣に考えてたのは、自分だけじゃなかったんだなと解ったので、嬉しくて堪らなかったのです。

彼との結婚を決意した理由

彼との結婚を決意した理由の一番は、「彼のことが好きだった」ことと、次に「一緒にいて楽だった」ことです。

見栄っ張りで緊張しいのため、いつもどこか「相手に合わせて我慢する」ことが多かった自分が、はじめてワガママも言えたり、

見栄からの嘘(例えば、家でゴロゴロしているのが一番好きなのに、友達と遊びに行くのが好き…など些細なことを含めて)を一切つかずに、

ありのままでいても、彼が好いてくれたことが嬉しくて。

ずっと悩んでいた「結婚後の生活」についても、彼とたくさん話し合い、お互いに「これなら…」と思える、取敢えずの答えが出せたことも大きかったのです。

例えば、結婚後は共働きになって欲しいと言われ、じゃあ子供が出来たら仕事はどうするのか。そもそも私は子供がほしいが、あなたはどう思っているのか。と聞いたところ、

彼は、子供は欲しい。子供が小さいうちは、自分一人の馬力で頑張ります。

子どもが大きくなったら共働きに戻って欲しいけれど、仕事復帰の時期は私にまかせます。という答えをもらったこと…などです。

結婚を考える際に大切なこと

彼氏と互いに、「なんでも話し合うことが出来るかどうか?」これに尽きるとおもいます。

良いことも悪いことも、好きなことも嫌なことも、全部オープンに言い合えて、2人の解決策をみつけることができることが大事。

今後長い年月を過ごす中でも、無理せず我慢せず、楽しい毎日を過ごせる気がします。

特に子供ができると「相談したいのに…」とか「わかってくれない」と思うことが増えるような気がするので、

話し合いの時間をきちんと作れる相手かどうかをきちんと考えた方が良いとおもいます。

あと「ただ単に、結婚をしたいのか」、それとも「この人とずっと一緒にいたいのか」を考えておくと良いとおもいます。
「ただ単に、結婚をしたい」のなら、そこまで今すぐの結婚にこだわらなくとも良いような気もします。

「この人とずっと一緒にいたい」のなら、年齢的にでも、気分的にでも、周りが結婚しているからでも、高齢出産の不安…でも、なんでも良いので「自分自身が結婚というものを今したいかどうか」を明確にすると、

結婚のタイミングを相手が決めるのではなく、自分で決められるとおもいます。逆プロポーズでもなんでもしてみると良いのです。

結婚を迷っている女性に言いたいこと

結婚はスタートに過ぎません。

成功にするのも失敗にするのも自分次第なので、もし迷ってるのならば「とにかく進め。行けばわかるさ」て感じです。

⇒結婚を意識し始めたときはこちらから≫

幸せを掴めるかどうかは、あなた次第です。

結婚は一生のことだから、自分の心の声を聞いてみてください。