わき毛脱毛

体験談54 ワキガのにおいが気になったらミョウバンを! | 42歳女子力の高め方

「ワキガ女子の体験談」

私は40代の女性です。

高校生の頃から、女子として、身体の事を意識するようになりました。

当時は、今のように、気軽に行ける大型ドラックストアなども無かったので、汗やニオイ対策などは、スーパーの売り場の数少ないものから、模索してゆく程度でした。

夏になると、みなさんもちろん汗はかかれると思います。私は、人よりも暑がりで汗をかきやすい体質でした。

夏になると、ワキの汗が人一倍気になり、友達と出かけても、

  • 汗シミ嫌だな・・
  • 臭っていないかな・・

とそればかりが気になってしまい、楽しむことが出来ない日々でした。

冬でも、緊張してしまう性格なので、

  • 身体は寒いのにワキには汗をかくことが多くかったのです

ワキガ特有のニオイが気になっていました。

今でこそ、ワキガ対策として「わき毛」の脱毛が効果的と言われてますが、当時はまだ脱毛が今ほど盛んではなかったのです。だから「脱毛サロン」通いには興味があっても、自己処理として、カミソリを使うことがせいぜいでした。

制汗剤スプレーも試しました。当時はいわゆるガスなどのスプレー缶の制汗剤が主流でしたのです。良い香りの物を次から次へと買いあさりました。

「朝つけて1日臭わない!」なんてフレーズを見つけると、即買いしたものです。しかしことごとく裏切られました。

何故ならニオイでごまかすスプレーは、私のような汗かきの人には根本的に何の意味もなく、スプレーした先から、汗で粉も流れてしまうのです。しかも、少し残った香りが、服のワキの部分に付き、汗のニオイと混ざり、余計に不快なニオイになりました。

何をやっても満足できる効果を得られなかったのです。
そんな時に、家族から、これ効果があったよ!と、教えてもらったのが「ミョウバン」です。

台所でおなじみのあのミョウバンです。ミョウバンはほとんどのものが袋に入って売っています。
少し指で触るとわかりますが、プツプツとした感触があります、それを、袋のまま、何か硬いものでゴリゴリすりつぶします。要は、ワキにこすりつけやすいように細かく細かくするのです。細かいほど塗りやすいので最初は頑張ってすりつぶします。そして、それを100均のもので十分ですので、密封できる容器に移します。
ミョウバンは、ワキのニオイ軽減にかなりの効果があります。

ワキにつけるときは、粉の状態では、密着しないので、まず指の先に水道水をつけ少し濡らします。そしてその指でミョウバンをチョンチョンと触り少し湿らせた状態でたっぷりワキにしっかり刷り込む形がベストです。

可能ならば、まず前日のお風呂上りの清潔な状態で塗り込む。そして朝出かける前にさらに塗り込む。そして、出先ではニオイでごまかす制汗剤でなく「ミョウバンクリスタルスプレー」を持参する。

以前、自宅でミョウバン水を作ったことがあるのですが、結晶が溶けにくく水と分離してうまくスプレーとして機能しなかったことと、長く置くと水が腐るので手作りは活用範囲が狭い事から、探していたところ見つけた絶賛の1品です。

これを可能ならば出先で、タオルでワキを拭いて雑菌を取り除いてからから(香りのついたシートより、なるべく水に近いものでふき取る)シュッシュッと吹きかけるとさらにニオイを抑えることができます!

そして、汗をかくことを前提に必ず私は、洋服の下には袖ありのインナーを欠かしません。

汗は放置が一番臭います。汗をかいたら吸い取り、着替える・・。これが鉄則なので、出先でもインナー替えを持参し、さっと着替えるのです。そして、またスプレーでシュッ!です。

「少しの努力で気持ちも軽くなり喜びに」女子ボイス

ワキのニオイは女性からしたら、何をするにも、気になり失望してしまうほどに重要な問題です。

ワキの大きく開いた服を着たいと思ってもニオイが気になり諦めてしまうし、服にしみ込んだニオイを気にするばかりで、外に出ることも楽しめなくなる・・自分もそうだから、この問題は絶対避けて通れないことが十分理解できるのです。

しかし、インナーのこまめな取り換えでニオイを放置しないことから始まり、他の女性よりも少しの努力で悩みが激減するのです。

ニオイの原因は雑菌から始まります。それをいかに人が見ていない時にスマートに取り除くか、これが大半を占めます、特にワキガで悩む方は、普通の汗よりも強いニオイになりがちです。

服についたまま1日中いることをまずは避けましょう、汗がついたなら着替えれば良いのです、洋服は着替えられないので、インナーならば小さく丸めて簡単に持ち運べますよ!

そしてミョウバンの力を借りましょう!

出かける前、出先、ダブルで対策。

これが1番です。朝つけて1日臭わない!なんて商品を信じているとニオイが発生するのです。惑わされずに簡単なことを始めましょう!無臭であるミョウバンですが、今まで良い香りでごまかしていたことが間違いだったことに気づきますよ!同じ悩みを持つ私からも応援いたします

これからワキガ対策をする女子へ「注意点・工夫・コツ」

「ミョウバンを刷り込む際の注意点」

●ミョウバンを付ける際、黒い服だとミョウバンの白い粉がワキの付近に付くので注意してください。直に洋服を着るのではなくインナー併用をおススメします。

「ワキガを軽減させる為の、工夫やコツ」

●経験上、汗のニオイは毛穴につまることでもさらに臭うと思いました。自己処理ならばカミソリでなく脱毛器(ソイエなど)で根本的に毛を抜く方が、雑菌の詰まりが減り、結果的にニオイが減るように私は感じました。

●ニオイを消す事だけを考えるのではなく、汗を放置することが良くないので、洋服の下は、どんなに暑くてもまずワキが隠れるような半袖のTシャツか、フレンチ袖のインナーを必ず着用して、とにかくワキの汗は吸い取ることに効果ありだと思います。そして、出先で脱いで着替えをすることが1番良いので、私はバックにはインナーを必ず持参します。汗をかいた後にトイレでもサッとインナーだけ着替えると驚くほどニオイは軽減されますよ。その時のインナーは必ず、綿(コットン)100%の物にしてください。ワキガの方は、綿よりもポリエステルなどに汗がつくと強烈に臭うことが判明。必ず表示を見て購入しましょう。

●もう1点、おまけです。意外と盲点が、ボディーソープです。添加物たっぷりのボディーソープは落としてもヌルヌル感じるのは私だけでは無いと思います。ソープのヌルヌル感は保湿とは思えずニオイの元だと私は感じています。私は、「シャボン玉石けん」がおススメです。香りはありません。石けん素地のみです。この石けんを使うと肌のさっぱり感が絶大ですので、ワキのニオイも落ちます。石けんでも、いろいろな成分が入っているものがあるので、私は無添加のシャボン玉をお勧めします。

「使用する商品」と価格、お勧めする理由

使うもの

●ミョウバン→スーパーで100円程度
●容器→100均のもので十分です。

●ミョウバンクリスタルスプレー→大型ドラッグストアでは見つけられず、ロフトで購入しました。大きなものと小さなものがあり、持ち運びには小さなものがベストでした。千円前後になります。

●インナー→私は色々探したけれど、無印良品のインナー(季節で変わるので夏の時期に売っているワキの部分が汗取りのついているもの)が、1番使い勝手が良いです。
たくさん買っていつもバックに入れて汗をかいたら即インナーのみ着替えしています。デートの時にも、意外にワキ汗は多いのでトイレでサッと着替えます。
インナーなので出先でも彼にも気づかれないうちにニオイ対策☆GOODです!
無印良品で1500円前後でした。

いかがでしょう、お金をたくさんかけずにできることを紹介いたしました。
ちょっとだけ、工夫すれば、ニオイ対策はさらに効果大になるのです、みなさんもどうか参考になさってください。

 

☞ わき毛脱毛・ワキガ対策 <一覧>