体験談22 冷え性が改善してきた! | 40代の女子力対策

① 冷え性改善体験談

私は極度の冷え性の為、今までたくさんの体調不良を訴えてきました。胃腸の不快感、血行不良による肩こりなど。夏でも室内のクーラーに凍え、冬はもちろん朝から晩まで凍え、指の先から足の先まで一年中冷え切っていました。そしてそんな自分に嫌気がさし10年ほど前から本格的に冷え性対策に乗り出しました。

まず、運動不足による筋肉不足により体が熱を作らないというメカニズムがある事を知りました。ただ私は運動が嫌いです。外に出てウォーキングしたりランニングしたり、ジムでみっちり汗をかいたりが嫌いです。
しかしやはり冷え性を治すには少しくらいは体を動かした方が良いかもしれないと思い、最初は渋々家の中で軽いストレッチをする事にしました。

すると約1か月程で体が変わってきました。まずは肩こりがなくなってきて、肩こりからくる頭痛もなくなってきました。ただ、運動嫌いの私のやる事ですのでラジオ体操程度です。毎日1回好きな時間に5分程度のラジオ体操か手足を伸ばしたりのストレッチをするだけでやはり変わってきます。小さな事でも毎日続ける事が大事なんだと実感しました。

次に食生活の改善です。食材には、体を温める物と冷やす物とその中間の物がある事を知りました。なるべく温める物と中間の物を中心に食べるように心がけました。真夏に冷たい物を食べたい衝動に駆られる時もありますが、そんな時はもちろん食べます。ただ量は控えめにです。

普段の飲み物も変えました。コーヒーより紅茶、緑茶よりほうじ茶といた感じで、なるべく体が冷えない物をいただくようにしています。カフェインも体を冷やしますので、最近はカフェインもあまりとらないように心がけています。

そして夜は必ずゆっくりと湯船に浸かります。暑い夏でもぬるめのお湯をはって首までじっくりと浸かっていると、意外と自分の体が冷えている事に気が付くはずです。特にお腹周りを触ると冷たいと感じると思います。夏はクーラーなどで体の芯の部分が冷えていますので、ゆっくりお風呂に入る事をおすすめします。

自分自身の体を中から改善する為に必要なのはこれくらいだと思います。あとは冷えない服装を心がけて普段通りの生活をすれば必ず冷え性は改善されていくと思います。

 ② 喜びの声

私は今も冷え性対策を継続中です。10年前と比べるととっても体の調子も良いと感じています。今までは真夏でも汗をかく事がなかったのですが、今はしっかりと汗をかくし、冬は恐ろしくて外にも出たくなかったのですが、今はダウンを着込んでしっかり歩いて自分で熱を作り出す事が出来るようになりました。冷え性の私にはノースリーブなんて無縁だわ。と思っていましたが、ちゃんと羽織物を持っていけば安心して着られるようになりました。

胃腸も調子もすこぶる良く、最近では肉は別腹ってくらいがっつりと焼肉も消化できるような強い胃腸に育ってくれました。(しかし太ったりはしていませんのでご安心を)そして冬の夜も寒くて眠れないなんて事も全くなくなり、朝まで熟睡です。本当に昔の冷え方が嘘のようです。

 ③ これから始める人への(注意点、工夫、コツ)

冷え性は体質だったりその方の筋肉量だったりとタイプも症状も様々です。この食材が良いからと本に書いてあったといっても本人に合うかどうかは分かりません。実際私も、体を温めるショウガを摩り下ろして紅茶に混ぜて飲んでいた事がありました。ショウガは効果があると思います。胃腸が弱い人はショウガの刺激に気を付けながら飲む方法を探してみるといいと思います。
ショウガは効果があるのですが、毎日飲むために自分で調理することは、少々面倒なことが難点です。

また、紅茶に含まれるカフェインも胃腸を刺激するので今思えば、胃腸がおかしくなっても仕方なかったのです。この方法は私には合いませんでしたが、胃腸の強い方には良いのかもしれません。このように合う合わないがありますので、特に口から入れるものは様子を見ながらが良いかもしれません。

運動も同じです。腰痛持ちの方が無理な姿勢で体操をしたりストレッチをしたりは大変危険です。自分のできる範囲でやってみる事です。

「午前中アイスコーヒーを飲んだな」と思ったら、夕方は温かい紅茶を飲む。「今日は一日クーラーの効いた部屋で過ごしたな~」と思ったら、しっかり湯船に浸かって体を温めてあげる。という感じで、冷えてしまった自分がいたら、その後ちょうど良い温度にリセットしてあげるようなイメージで一日を過ごすと良いかもしれません。コツはとにかくゆるくても良いので続ける事です。

 ④ おすすめ

私の一日は温かい番茶を飲む事から始まります。おすすめは有機栽培の三年番茶です。飲むと体が温まってシャンとするから気持ちが良いのです。

それから塩分もしっかりとります。冷え性対策をし始めてから自家製の梅干しを漬けるようになりました。それを毎日1個食べています。

朝食は必ずごはんにお味噌汁です。パンとコーヒーをやめてから、朝から体ぽっかぽかで冬でも汗ばむくらいですので朝から冷えている人には本当におすすめしたいです。

その後たった5分の軽すぎるストレッチをして、暖房のないキッチンで洗い物や夕食の下準備などをしますが、まだまだ体はぽっかぽかです。特別体を温めるグッズや下着などを身に着けているわけではありませんが、今のところいい感じなのです。私は朝を温かくスタートすると不思議と一日温かく過ごせてしまうみたいです。

それでもたまには途中で冷える事も、冷たい物を飲む事もありますので、その都度リセット!を心がけて過ごしています。そして、これは基本中の基本ですが、首、手首、足首が出ていると冷えるので、夏以外はきちんとガードしておくとをおすすめします。夏でも室内は冷えますので必ず大き目のストールやカーディガンを持って出かけると良いと思います。冷え性対策には特別お金はかかりません。自分自身としっかり向き合えば、必ず自分の体質が分かってきますので諦めずにに頑張って続けてみましょう!

自己分析をして恋愛力を測定してみよう| 無料診断

友達と、恋愛や結婚の話で盛り上がっていて、ふと思うことありませんか?

この子、自分のことが見えてないかも?

 

相手の男性のことばかり言ってはいても、自分のことを客観的に把握することは意外と難しいものです。

これは恋愛、特に幸せな恋愛と結婚を進めるためには、絶対必要なこと。

誰かに自分の事を「あなたってこんな人ですよ!」って教えてもらうのはとても大事です。

恋愛話で盛り上がっている女友達が正直に言ってくれればいいけれど、

恋愛・結婚に特化した、客観的に測定できるアイテムを使うこともオススメです。

→大手婚活エージェントが提供する無料の自己分析診断は、恋愛にもしっかりあてはまる!まだ「結婚」を考えていないあなたも、恋愛についての自分の思考や行動のクセを知る良いチャンスです。

本格的なサロンや結婚相談所でもする恋愛の自己分析。 ここではより気軽に使えるツールをご紹介します。 なぜ自分を知ることが大事なの?恋...

お姫様扱い→幸せな恋愛・結婚→お姫様生活 を実践中。
モテる女の「恋愛の掟」はこちら。

編集室の皆さんからご依頼をうけて、今回執筆させていただきます。 私は、居心地の良い空間で「お茶をする」感覚で、 20代~40...